すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

フィンエアーでウィーン⇔日本

ウィーンへ戻ってまいりました〜

 

 

といってもまたすぐに日本なのだけど😅

留学してます、と言うの恥ずかしいぐらい

なんかずっと日本におります(笑)

 

とりあえずこの度ウィーンでは大きな試験があるので頑張らななくては‼️

 

 

 

 

今回、日本との往復はフィンランドヘルシンキ経由のフィンエアーを使ったんですけど

 

なんとなくそのことを書きます!

 

 

ウィーンから日本への直行便がない今、フィンエアー使う人が多いんちゃうかな。

ウィーンヘルシンキ間は2時間半、ヘルシンキ日本間は10時間ぐらい。

 

ヘルシンキからは

関空、成田、名古屋、福岡とそれぞれでてて便利!

なのでヘルシンキ空港はほんんまに日本人だらけ!!!!旅行慣れてない方も安心(笑)

 

 

 

 

空港には、the フィンランドな奴らが。

 

f:id:Klavier888:20180214064133j:image

 

f:id:Klavier888:20180214064202j:image

 

f:id:Klavier888:20180214064245j:image

 

f:id:Klavier888:20180214064210j:image

もはや日本語 (笑)

 

 

マリメッコショップもある🏵

 

それどころか、フィンエアーの機内は

紙コップや毛布、クッションがマリメッコデザイン✨かわいい✨

 

 

あと空港の特徴といえば

 

税関の前に自動顔認証ゲートがあって

これが便利さを追求した結果、マゴマゴする人続出で、めっちゃ並ぶので、早めに行くことをおすすめします。

 

f:id:Klavier888:20180214064802j:image

 

ゲート前に、パスポートをかざすところがあるので

顔写真の面が奥・下になるように突っ込みます。

 

f:id:Klavier888:20180214064949j:image

 

f:id:Klavier888:20180214065043j:image

 

読み取るのが遅くて、あれ?あれ?ってすぐ動かしたくなるけど

じっと待つ!!!!!!

 

画面に砂時計⏳がでたら読み取れてゲートが開くので

 

中に入り、壁に背中をつけて足元のマークに沿って立ち

カメラの方を向きます。

 

カメラが顔を探して動いてきて、また顔を読み取るのに時間がかかるけど

ここでもじっと待つ!!!!!!!!

 

 

すごいことやってるくせに、いまいちクオリティが低くて、なかなかに遅い!!(ToT)

 

 

この機械の関所を抜けたら、普通に税関があります(笑)

 

 

 

今回日本ヘルシンキ間が、エコノミーコンフォートという、エコノミーの前方にある席にアップグレードされてて

 

イヤホンじゃなくいいヘッドホンでわーい\(^o^)/やったし

 

アメニティがマリメッコのポーチにはいっててわーい\(^o^)/

 

今調べたら

 

f:id:Klavier888:20180214172455p:image

 

Wi-Fiまで使えたそうな……(ToT)知らなんだ………

 

 

まあでも他社のプレミアムエコノミーほど、ビジネスのサービスは受けられへんねんな。

 

 

あと、フィンエアー車内では

フィンランド人、ほとんどの人が

ブルーベリージュースを頼んでいる!

 

そんなソウルドリンクなんだろうか…!?

 

大人もみんな、あまりにブルーベリージュース飲んでるから私も飲んでみたけど

まぁ……なんてことないけど……普通に美味しい。(笑)

 

一応、フィンエアーの定番として

一度は飲んでみてください!

 

 

 

 

ヘルシンキウィーン間は、いつもバスで飛行機の下まで行くパターンなんやけど

 

地の果てのような寒さでしたwwww

 

f:id:Klavier888:20180214173110j:image 

 

ロシアの飛行機が落ちたニュースもあって

ひえええ(ToT)と思っていたけど

無事についてよかったです。

 

やっぱりウィーンは寒いけど

風邪をひかないように頑張りまーす!

 

まずは時差ボケで19:00には眠いのを治すぞ!

 

 

リサイタル終了!

去る2月2日、京都でのピアノリサイタルを

無事終えることができました。

 

f:id:Klavier888:20180210002037j:image

 

まずは、さまざまな形でご支援してくださった皆さまに

心より御礼申し上げます。

 

 

 

本当に私ひとりの力では何一つできなかった舞台やった(ToT)✨

 

チラシを100枚単位でまいてくださった業界関係者の方だけでもたくさんいらっしゃるし

 

実際にチケットを売ってくださった方も(ToT)✨

 

 

おかげで、当日の客席は

はじめましてのお客さんが、いっっっぱいでした!!

発表会にならなくてよかった(ToT)✨

 

 

 

もちろん、いつも応援してくださる方々や

先生、友達、先輩、後輩も駆けつけてくださり

 

想像以上の数のお客さんの前で演奏することができて

すごくすごく嬉しかった(>_<)✨

 

 

普通、手持ちチケットから出た分とかで把握してる「だいたい◯枚売れてるな〜」の数よりも

当日の動員数は1〜2割、減るって言われてるやん。まして真冬のインフルエンザが猛威を奮ってるこの時期!

 

 

 

 

それがなんと私の場合は、思ってた数より

 

50人増えました!!!!!(°_°)

 

 

 

だから舞台に一歩でた瞬間の感想

 

 

「ひ、人がいっぱいいる〜〜〜〜〜!!!!」

 

 

(笑)

 

 

 

 

 

もちろん、お客さんの多い少ないに関係なくいい演奏をすることが大事やけど

 

今回のお客さんの数は、応援してくださった方々の愛そのものなので

 

とても心強く、嬉しかったです。

 

もう、なんて人に恵まれてる人生なんやろう、と(ToT)💕

 

 

 

 

そして!!!

 

本ブログをご覧になってくださっている方にもお越しいただき

 

さらにさらに!!!

とおおおおおっても可愛いお花までいただきました🎎🐰🌸

 

f:id:Klavier888:20180210005502j:image

 

 

感涙(;o;)💕💕💕💕💕💕💕💕

生きてて良かった、レベルで感動しましたですよ(;o;)💕💕💕💕💕💕💕💕💕

本当にありがとうございました。

またお目にかかれますように…!!!

 

 

 

演奏の方も、いい会場といいピアノといい調律師さまの、最高のスタンバイのおかげで

全力投球できました(>_<)✨

 

ゲネから弾くのが楽しくて楽しくて仕方なかった!!

 

私ができないこともできてしまうような素晴らしいピアノやったので

できないことはまじでできないんやな、とわかりやすく浮き彫りにはなった😅

 

でもそれも含めて、とにかく楽しい時間でした❤️

 

 

お客さんと、同じ空間にある音を一緒に聴いている瞬間が

とても気持ちよかったです(*´꒳`*)

 

 

 

 

やっぱ、ベートーヴェンシューベルトブラームス

このラインが大好きすぎる!

 

 

集中的に三曲に取り組んだリサイタルが終わって

某フランス人の曲を弾いてみたら

あまりにも手の使い方というか音の並び方が違いすぎて

ものすごーく弾きにくくてびっくりした!!

 

↑のラインはやっぱりちゃんとしたラインなんやな、って再確認😌

 

 

物理的に演奏時間が長い、とかは別やけど
組み合わせの面でこの三曲を弾くことに苦労がなかったのはほんまによかった🌟

聴く方は重くてしんどかったと思うが(笑)

 

それこそ明らかに手の使い方が変わるとか、集中の仕方を変えなきゃ弾けないとか

そういうプログラムも、変化はあって面白い分

別の難しさがあって、そのプログラムを弾くための練習が要りそう……。

 

とにかくこの3人と、その周辺の人たちには

これからもずっとずーっと寄り添っていきたいです❤️

ウィーンに住めてよかったあああ❤️←今更

 

 

 

 

今回のリサイタルに関わってくださった皆さま

本当に本当にありがとうございました。

 

これからも皆さまへの感謝を忘れず

コツコツ努力を惜しまず頑張ります。

 

 

また次の舞台でお会いしましょう!

 

 

 

 

さてそんな私はもうじきウィーンへ飛びます✈️

荷造りイイイィィィィイイイ

 

ブラームス☕️ピアノソナタ第3番

今更やけど、こういう記事は二週間前ぐらいに書き終えてるべきな気がしますが

なにしろ計画性がない人間なので、演奏会をあさってに控えたこの時期に書いてます。

 

 

 

てわけで、今回のメインプロ、ブラームス

 

ブラームスは、いろんなジャンルの曲を少しずつ、幅広く書いた人です。

 

そんななか、このピアノソナタ第3番は

ブラームスがまだ20歳そこそこの青年時代に書かれた大作!

 

 

まだピアニストとしてばりばり活躍していた時なので

やはりピアノ曲が一番身近で作りやすかったのかなと思いますが

 

ピアノの人が作った曲という響きより

オーケストラの響きがして

完全にシンフォニーの頭で作っていると個人的には思う…!

 

ブラームス交響曲、また他の器楽曲、ヴァイオリンソナタクラリネットソナタ、ピアノトリオやクインテットが大好きなので

ピアノソナタやけど弾いててピアノを弾いてる感じがしないのが

とても楽しい(>_<)♡♡♡

 

 

 

曲の内容的には

一般的に言われる【保守的なブラームス】らしい、絶対音楽的などっしり感と

クララへの報われない愛から数々の傑作が生まれたことからもうかがえるような【ロマンチックなブラームス】のバランスが

ミソかなあと思います…!

 

 

いろんな音、いろんな感情、いろんなブラームスの声をおきかせできるような演奏にしたいなぁと思ってます。

 

 

このブラームスソナタ3番が大好きで大好きで

これを、たくさんのお客さんの前で全楽章(約35分!)弾きたいなぁって思ったのが

今回の演奏会をやることになった最初の動機なので

自分でも悔いのない演奏をして、皆さんに少しでも何かが伝われば、この演奏会を開催した意味があったなと思えるはずです。

 

 

 

2月2日(金)

19:00開演 (18:30開場)

京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ 

(京都市営地下鉄烏丸線 北山駅すぐ)

 

全席自由 2,500円

 

 

お仕事終わりに間に合いそうな方

是非是非遊びに来てください😊

 

チケットご予約はこちらより↓

hara.ticket@gmail.com

 

 

 

お名前と枚数のみお伝えしていただければ

開演前に当日会場の受付にてお名前をおっしゃっていただければその場でご精算いただけますので

どうぞお気軽にお問い合わせください(^^)

 

 

f:id:Klavier888:20180131111636j:image

f:id:Klavier888:20180131112013j:image

 

シューベルト☃️3つのピアノ曲

ベートーヴェンに引き続き、シューベルト

 

3つのピアノ曲D946は

演奏会や試験でよく聴いたとか、 誰々が弾いてたとかでもないにもかかわらず

門下の子が弾いてるのをほぼ初めて聴いた時に

「なんかこの曲めっちゃ知ってる!」「私もこれ弾こ!」って

体にスッと入ってきた曲です。

 

 

でも結局弾いてて全然スッとは入ってこなくて苦労😨

 

なんか、シューベルトは曲の鮮度が高すぎて

今日いい感じに弾けてても、次の日ガッタガタになりやすい……。

 

その場でどれだけ作れるか、みたいなところがあって怖いです……。

 

 

雰囲気にふっとはいれたら弾きやすいんやけどなぁ…。

 

 

この曲は、シューベルトの生前は出版されなくて

シューベルトの死後40年経って、ブラームスが遺稿の中から三曲をまとめて出版しました…!!

そゆの聞くと燃える!!!!!!!!!

 

 

 

 

一曲目の、ドラマ性

(私は勝手に、雪の中とか、あったかい楽園とか

とても温度を感じる)

 

二曲目の、現世を超えたところから聞こえてくるような歌

 

三曲目の、疾走感

 

それぞれにキャラの違いはあれども

歌曲の王シューベルトの心に響いてくる旋律と

ただ美しいだけじゃなく、なんとも言えない不安定さ、孤独な感じ、晩年のシューベルトの真骨頂を引き出したいです。

 

 

 

前半に置くには大きな作品なので

まだこのあとにブラームスひくの!?!?

とよく言われるけど(笑)

 

舞台の上でも成長できるような、なにかを求めながら弾くような

そんな時間になればいいなと思っています!

 

 

ベートーヴェン🍓森の乙女の主題による12の変奏曲

日本へ帰ってきました🌟

 

 

 

ウィーンを発つ前に、中央墓地へ行き
ベートーヴェンシューベルトブラームスのお墓まいりへ。
2月2日の演奏会がうまくいきますようにとお祈りしてきました。

f:id:Klavier888:20180125160902j:image

f:id:Klavier888:20180125160924j:image

f:id:Klavier888:20180125160939j:image

 


この3人、こんなに近くに眠ってるんですよー!

 f:id:Klavier888:20180125161959j:image

 

 


さて、そんな京都でのリサイタルですが
演奏者が【パスポートなくした奴】のままではあまりにも聞こえが悪いので

今日から演奏する曲についての想いを
ちょっとずつ書いていきたいと思います\(^o^)/

 

第一回目の今日は、ベートーヴェン作曲の森の乙女の主題による変奏曲!

 


一言で言うと、ぶっちゃけめちゃくちゃ無名な曲です(´⊙ω⊙`)


私もウィーンに来てから知ったし
別にウィーンででもみんな弾いてるわけではないし(笑)

 

コンクールを受けるときに、ベートーヴェンのバリエーションから一曲選ばなくちゃいけなくて
どれがいいか先生に相談したところ

うちの【知られざるレパートリー開拓大好きな】先生の

「あぁ!Waldmädchen あるやん!めっちゃいいよ!!好きやねん!!これにし!!!」の一言で知ったのが、弾くことになったきっかけ。

先生以外に、この曲知ってた人には
今の所出会ったことない。(笑)

 

でもブレンデルや〜マリア・ユディーナも録音してて
もっと普通に弾かれても不思議じゃないのに〜って思うけどな。

 


ベートーヴェンがウィーンにでてきたばかりの頃の若い頃に書かれた作品で
「ウィーンでいっちょやったるで!」な心意気を感じます。


テーマはパウル・ヴラニツキーという作曲家兼指揮者が書いたバレエの中の曲で
当時ウィーンで流行ってたものらしい。

ベートーヴェンはそれを変奏曲にして、サロンで気に入られようとしてたのかな?

 

ちなみに、森の乙女の原曲とどんなストーリーだったのかは探しだせず(>_<)(でも間違いなく悲劇ではないでしょ!)

 


ベートーヴェンのバリエーションというと
32のバリエーションやディアベリのバリエーションなんかの
ゴッツイ感じをイメージしがちやけど

森の乙女はほんとに小品って感じの可愛らしい曲♡


イ長調で書かれていて、とっても乙女感が強いです。
とにかくカワイイ!メルヘン!


ぜひ、森の情景やおはなしを想像しながらお聴きいただきたいです(*^o^*)

 

でも、スケールや跳躍なんかは
当時のピアノが発展して広がった音域を、ベートーヴェンがいっぱい使いたかったんやろなーって感じがするし


彼のトレードマーク的な、subito p (大きな音から急に小さな音になる)もたくさんでてきたり


一聴すると、これがベートーヴェンなんだ!?とさえ思ってしまう曲調のなかに

後期の作品にも通ずる「これぞベートーヴェン!」な部分を探してお聴きいただくのも
ツウなお楽しみ方かな♫

 


それから、元々バレエ曲ってこともあるのかもやけど
すごく立体的に書かれていて
このピアノの楽譜をそのままオケの人に渡して演奏してもらっても
簡単にオーケストレーションが成り立ちそう!

意外に声部が多くて弾きわけは難しいけど
いろんな音を出せるピアノの可能性に迫りたいです。

 

とにかく、この森の乙女のバリエーションについては

珍しい曲だから取り上げた、というところで終わらず

あ〜やっぱベートーヴェンってすごい作曲家だよなって思っていただけるような演奏にしたい!


私も改めてそう思えるように
フレッシュな気持ちで演奏します(((o(*゚▽゚*)o)))

 

次回はシューベルト!👓

 

京都でのリサイタルのお知らせ - すったもんだ日記帳@Wien

まさかのパスポートをなくした話 紛失物保管サービス

土曜日に日本へ飛び立つので

荷造りを始めました。

 

 

 

とりあえずまずは飛行機乗る時の貴重品かためとこ〜♪

 

スーツケースの鍵、ビザ、パスポート………

 

パスポート……………?

 

 

パス…ポー…………ト…………………

 

 

 

 

無い……………:(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

 

 

いやいや、パスポートなくすとかありえへん(^^)無いわけがない(^^)絶対に家の中にある(^^)

 

 

 

と、いつも保管している場所の周辺とか、大事なもの系の周りを

 

くまなく見たんですけど……………無い………………

 

 

このあたりでさすがに血の気が引いてきた22:30。

 

 

最後にパスポート使ったのは、論文を大学に提出した11月30日で、そのあとは一度も触ってないんやから

なくなるわけがない!!なんでこの狭い部屋の中でなくなるの!!!!?????

 

しかも、12月の調律の時ピアノの上(になんでも置く癖がある)も片付けたし、年末大掃除もしたし

それで見てないってことは外でなくした!?!?!?はぁぁぁぁああぁぁ!!!???

 

私あと60時間後に飛行機に乗るんですけど!!!!!!!!!

 

 

 

とりあえず、家の中を手当たり次第にひっくり返すしかない。

 

 

 

論文関係の書類の間……ない

 

大量の楽譜の間…………ない

 

ビザ関係のファイル……………ない

 

家とか保険とかガス電気のファイル……………ない

 

先月きたMAからの封筒の間……………ない

 

 

 

 

………………先月きたMAからの封筒……?

 

 

 

レダーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

〜遡ること一ヶ月前〜

 

MA48という役所が管理してるらしい

Fundservice (直訳すると、拾得物サービス、みたいな)から封書が届きまして

 

一応、皆さんへのお知らせではなく、私の名前宛でちゃんとした封筒で届いたんですけど

 

こちらはWien Fundservice です!

あなたのAusländischer Ausweis が届けられましたよ!

 

みたいなことが書いてあって。

 

 

Ausländische Ausweis =外国の証明書 =ビザ

 

だと思い込んでた私は (MAからの手紙ということも思い込みに拍車をかけた) (しかもパスポートをなくしてるなんて夢にも思ってない)

 

は?ビザなくしてないけど??なんのこと???まあいいや。

 

と、完っっっっ全に放置していたわけです!!!!!!!

 

 

 

朝、その紙のメールアドレスに

 

「紙もらったんですけど、それって私のPassのことですか?」

 

っていう、クソマヌケなメールをしましたwwww

 

 

ほんだら、数分後(優秀!)

 

「Ja! あなたのReisepass だよ!

 

Öffnungszeiten (Mo – Mi und Fr von 08:00 Uhr – 15:30 Uhr, Do 08:00 Uhr – 17:30 Uhr) の間に

1050 Wien, Siebenbrunnenfeldgasse 3 へ取りにきてね!」

 

 

 

とクソ親切な返信が✨✨

しかも、役所のわりにはめっちゃ長時間営業しておる!!!

 

なにはともあれよかったああああああ。゚(゚´ω`゚)゚。

死ぬかと思ったああああああああ。゚(゚´ω`゚)゚。

 

ソッコー取りに行きました。

 

 

 

私はトラムで Eichenstraßeまで行きFendigasseの出口を出て

Margareten Gürtel  を背中にしながら歩いていくとすぐSiebenbrunnenfeldgasse にあたるので

歩いていくと、スーパーの奥に入り口があります。

f:id:Klavier888:20180119035046j:image

 

結構人が出入りしていて安心!

 

ピンポン押して入ったら

f:id:Klavier888:20180119035347j:image 

 

この足跡に沿って行きます🐾

 

外から見ても

f:id:Klavier888:20180119035500j:image

f:id:Klavier888:20180119035517j:image

 

落し物だらけ(笑)

 

 

 

f:id:Klavier888:20180119035738j:image

 

で、ここが窓口なので、中で紙見せて話したら

サインだけであっっっさり返ってきたヽ(;▽;)ノ

 

 

いやもう…………

パスポートなくしてもちゃんと返ってくるウィーンすげええヽ(;▽;)ノ

 

めちゃめちゃめちゃめちゃ注意して持って帰ってきました(笑)

 

 

 

 

しかし、そもそもどこでなくしたんやろうか…………………

 

 

一番可能性が高いのは

 

大学でパスポートを見せたってのが勘違いで、実はコピーを提出していた場合。

 

提出前にコピー屋でほかの書類をプリントアウトしたのは確実なので

その時にパスポートをコピーして、機械の中に忘れてきた

 

 

かなぁ……。全然記憶がないなぁ……。

 

 

そうじゃなかったら、なんかの拍子に道にぽろっと落としたことになるな………。

 

 

 

 

なんにしろ、ウィーン生活3年目、この気が緩みきったタイミングの平和ボケが巻き起こした大事件なので

まじでやばいと思いました。

 

何より、なくしてることに一ヶ月半気づいてないことがやばい。

 

でも、なくしたのに気付いてから見つかるまでが一晩で済んだのは

精神的には良かったとも思っている←どんだけポジティブなアホ

 

 

 

もう次なくして戻ってくることなんて絶対にないので

気を引き締めよう(T_T)

 

 

 

届けてくれた優しい人、ありがとうございます……。

もう他の国(日本以外)には一生住めない……。

 

 

 

私が言ってもなんの説得力もありませんが

みなさんも落し物にはくれぐれも注意してくださいね………。

 

 

それにしても……人生で自分がパスポートなくすことになるとは思わなかったな…………ショックである…………(T_T)

 

 

Das sind die Dinge die ich gerne mag ♪

こにゃにゃちわ〜!!!!🐤⭐︎💎

(↑カードキャプターさくらクリアカード編の放送が始まって、相当テンションが上がっている筆者❤️)

 

 

1月に入ってもずっと7〜8度の気温が続き、日本の方が寒いんちゃう!?となってたウィーンですが

 

ここ数日やっと、11月ぶりに雪がちょっと積もり

最高気温2度とかの日々がやってきました☃️

 

それでもまだまだ全然余裕があるな。

最高気温がマイナスになってからが本番ですよ。

 

 

 

 

さて、先日Volksoper に行ったんですけど

ウィーンで初めて!!!!

ミュージカルを観ました〜(*゚▽゚*)♡♡♡

 

 

クラシック音楽家なんだから、ウィーンにいるなら舞台はオペラ( ̄^ ̄)

 

と思いこんでたというか

ウィーンでミュージカル観ようっていう発想がなかったんやけど

 

 

Volksoper では毎月オペラと同じぐらいのウェイトでミュージカルやってるし

他のミュージカル用の劇場もたくさんあるし

 

 

そもそもウィーンはミュージカルも有名なんやってね!!!(ミュージカルの勉強のためにウィーンに留学してるお友達がいます♪)

 

 

なんなんもー、とにかく文化的水準が高いな( ^∀^)

 

 

そしてもちろんVolksでは立ち見3〜4ユーロなので

日本で劇団四季観ること考えたらアリエナイ安さ!!!

 

 

てことで

f:id:Klavier888:20180115042840j:image

 

だ〜〜〜いすきな

サウンドオブミュージック〜😍😍😍

 

 

Premiere ですごいたくさんの人でしたっ!!

子どもだらけっ!!!

 

 

 

 

 

まず、オケの生演奏だったのでびっくりした←生じゃない四季しか知らない

 

 

だからね、なにってね、

 

 

 

ワルツのリズムがめっちゃ上手いの!!!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

タイトルの Das sind die Dinge die ich gerne mag ♪

 

 

そーれーがーわたしーの好きなーもーのー♪ (私のお気に入り)

 

なんやけど♡

 

その三拍子が、なんとも言えない〜(*´꒳`*)♡♡♡

 

ウインナワルツではないから、ヨハンシュトラウスみたいに大げさに揺らしてはないけど

なんも考えてなくてもワルツがワルツになっている!!!

すごく心地いい〜♡♡♡

 

 

と、いきなりコアな感想から入ってしまったけど(笑)

 

 

もちろんふつうにめっちゃよかったどす😭✨

 

 

なんかもうね、幸せを補給したね!!!

 

言うまでもなく、トラップ家の子供たちが可愛い。歌も上手やし、本当にすごい。可愛い。

 

 

年末の、くるみわり→ヘングレからの流れですが

 

最近、ちびっこが頑張ってるのを見るだけで

おばさん、涙が止まらない!!!!😭😭😭✨

 

 

 

末っ子のグレーテルとかまじ末っ子やったけど、小1ぐらいよねきっと…。

 

ああああもう〜よく頑張ったねええええ〜😭😭😭HARIBO 食べるか???😭😭😭❤️❤️❤️

 

って褒めまくりたかったわ!!!!

 

カーテンコールでも、子どもたちの時だけブラボーが飛びまくり!😊ほんとに頑張ってたもん!

 

 

 

ほんで、ヒトラーとかの要素が色濃い作品なのに

たくさんの人が来てるのもなんとなく考えさせられたし。

ドイツはナチス系を連想させるものだけでも未だにタブーとか聞いたことあるけど

オーストリアはそのへんどんな感じなんやろ?

とか思ったりなどしました。

 

 

でも楽しかった\(^o^)/

 

クラシック畑の方にも

ドイツ語全くわからない方にも(この公演は英語字幕があります)

ミュージカル初心者の方にも(絶対知ってる歌がいくつもあります)

大人にも子どもにも!

かなりオススメだよ〜\(^o^)/❤️

 

f:id:Klavier888:20180116092954j:image

 

 

 

klavier888y.hatenadiary.com