すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

雑!南イタリア観光編

大量写真消化回です!!!\(^o^)/

 

 

 

まずは、魅惑のコラートグルメ(笑)

 

 

コンクール提携レストランはなかなか素敵で

こんなお洒落なものを食べられるなんて〜❤️と感動やった!

美味しかったしコスパもよかった(*^o^*)

 

普段、肉と芋しかない国に住んでいるため

ここぞとばかりに海の幸を堪能🐟🦐🐙

 

f:id:Klavier888:20181111000431j:image

 

じゃが芋の上にタコがのってるんやけど

これ絶品やった!

f:id:Klavier888:20181111003625j:image

 


f:id:Klavier888:20181111000110j:image
f:id:Klavier888:20181111000148j:image

 

 

 

コラート中心部の街並みはこんなん
f:id:Klavier888:20181110235401j:image

 

おっきな教会
f:id:Klavier888:20181111000120j:image
f:id:Klavier888:20181111000126j:image

 

 

 

あまりにもやることがなさすぎて行った

おそらく町唯一の博物館
f:id:Klavier888:20181110235116j:image

 

意外にちゃんとしていて

コラートイチ知的レベルの高い空間やと思う(笑)
f:id:Klavier888:20181111000353j:image
f:id:Klavier888:20181111000142j:image


f:id:Klavier888:20181111003633j:image

 

けど内容は全くわからず…………
f:id:Klavier888:20181110235141j:image

なにも読めないから10分で終わったけど

入場無料やし是非行ってみてください。(誰が)

 

 

 

そしてそしてウィーンへ帰る日は

バーリも観光しました\(^o^)/

 

 

めちゃくちゃ天気が悪い!
f:id:Klavier888:20181110235149j:image
f:id:Klavier888:20181110235154j:image

 

 

サンタさんの起源?ニコラウスさんが祀られた

聖ニコラ聖堂が有名!

 


f:id:Klavier888:20181110235623j:image
f:id:Klavier888:20181111000212j:image
f:id:Klavier888:20181111000321j:image

 

わざと梁が歪んでた…なんでやろ
f:id:Klavier888:20181110235450j:image
f:id:Klavier888:20181110235526j:image

 

 

こちらはバーリ大聖堂
f:id:Klavier888:20181110235122j:image
f:id:Klavier888:20181111000133j:image

 

お城!
f:id:Klavier888:20181111000156j:image

 

 

旧市街の街並み
f:id:Klavier888:20181111000021j:image
f:id:Klavier888:20181110235928j:image
f:id:Klavier888:20181110235128j:image
f:id:Klavier888:20181110235836j:image

 

 

 

 

バーリから電車で

世界遺産アルベロベッロへも行きました🌟

 

 

トゥルッリという白いおうちが有名!


f:id:Klavier888:20181111000246j:image
f:id:Klavier888:20181111000204j:image
f:id:Klavier888:20181110235134j:image

 

お土産!かわいい!
f:id:Klavier888:20181110235209j:image

 


f:id:Klavier888:20181110235748j:image
f:id:Klavier888:20181110235204j:image

 

こんなとこ、なかなかわざわざ行かないし存在を知ることだってないかもしれないのに

ついでに〜っつって行けてよかった(*^o^*)♡

人生の経験値を稼いでいる…♡

 

 

ただ、一時間に一本しかないコラートからバーリへ向かうバスが来なかったり(あるいは5分以上早く発車した)

アルベロベッロへ行く電車が遅れに遅れた上、結局途中で動かなくなってこの先はバスに乗れと言われたり

帰りも電車は動かず………など

 

最後の最後まで、イタリアのゆるさの洗礼を

がっつり受けました_(:3 」∠)_

疲れた………本当に疲れた……………

 

まぁこれも人生の経験値を稼いでいるということで_(:3 」∠)_

 

 

 

とりあえず、大好きなウィーンで修行修行修行の日々に戻っております!

イタリアでコンクール 其の四 コンクールを終えて……

音楽コンクールの翌朝、ピアノコンクールの本選でした。

 

さすがに本番続きと異国ホテル暮らしでの疲れが溜まってきてたけど

気持ち的には前の2回の本番よりも断然前向き(^O^)⭐️

 

カジュアルな緊張感を持って、手的にも精神的にもコントロールして弾けたと思います。

 

40分のリサイタル審査やったけど

あっという間の楽しい時間やった!!!

 

 

 

 

ただ、演奏順は前から2番目やし

もちろん他のみんなも上手いし………

 

 

 

 

ここまで自分を高めて弾けたただけでも充分かな😊😊😊うんうん😊😊😊

 

 

 

…………と思いながらも

 

 

 

結果発表に出かける前に

部屋の荷物を片付け始めてたんやけど

 

壁にかけてあるドレスをしまおうとして

 

「……いや、今このドレスを畳んでトランクにいれてしまったら、もう週末のガラコンサートで着ることは絶対になくなる気がする……

まだ着る……私はまだもう一度ドレスを着るぞぅ…………」

 

と、願掛けで吊るしたままにしておいたりするぐらいには

入賞に執着したりもしてました……。

 

 

 

 

もーーーー!ほんまに心が疲弊するーーーーーー( ;∀;)!!!

 

 

こんなにメンタルが荒れるしんどいことを、よく自ら好き好んでやってるなと

今書きながら思い出して呆れた←

 

 

 

 

そして結果発表………

 

 

 

 

1位なしの

 

第3位!!!

 

をいただくことができましたヽ(;▽;)ノ✨

 

 

 

 

 

 

思い返せば、子供の頃からずっとずっとずーーーっと

 

コンクールに向けてはそれなりに頑張りはするものの

 

 

いつも心のどこかで

 

「私が頑張ったところで優勝するわけがない。」

 

と思っていたので

 

 

 

運良くファイナル等に残ることができた時でも

 

 

「まさか予選通ると思ってなかったから、次の曲、全っっ然練習してない……」

 

とか

 

「もう予選通れただけでも充分うれしー!\(^o^)/」

 

と浮かれて演奏に身が入らないとか

 

 

 

まさに!まさしく!

 

ショートプログラム好発進でも、フリープログラムで大コケ

 

 

のパターンがとても多い人間でした。

 

そしてその結果を受けてさらに負のループ。

 

自己肯定がめちゃくちゃ下手くそなまま、大人になってしまいました。

 

 

 

 

でも今回は

 

もういい加減やめよう!!

本選の曲までまじめに練習しよう!!!!

 

 

と強く心に決め、3週間、自分なりに本当に集中して準備しました。

 

 

 

本選の曲を練習しながら

 

「でも予選で落ちたらこの曲は弾くことがない……この努力と時間は全部無駄……あぁ、予選の曲したい…………」

 

と思ったこと、数億回(ToT)(ToT)(ToT)

 

 

 

そういう邪念が消えて純粋に音楽づくりだけに集中できている時間は、すごく楽しくて充実していたから

悪いことばっかりというわけじゃなかったけど

 

す〜ぐ邪念沸き戻ってきては発狂してた(ToT)(ToT)(ToT)

 

 

 

まぁそんなんで、私の中では結構覚悟して取り組んだ今回のコンクールだったので

 

この結果でピアニストとして食っていけるわけでもなければ

情熱大陸に出れるわけでもなく

まずそもそもピアノコンクール1位とれてないけど←

 

 

どうやらこんな私でも死に物狂いで頑張れば

少しは認めてもらえることもあるらしい……!

 

と思えたので

 

20余年陥っていた負のループから、もしかしたら少しだけ抜け出せるかもしれない兆しが見えたことが

自分的には何よりも良かったです(*'ω'*)

 

この気持ちをプラスにして、また次のステップへ進めたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

長々とアツクルシク語ってしまった……(´ω`)💦

 

 

 

 

で、週末は入賞者ガラコンサートで

念願叶ってもう一度ドレスを着ることができましたヽ(〃v〃)ノ

 

 

 

 

もうはっきり言って一刻も早く帰りたかったし

 

「まだ弾くんかよーーー別の譜読みせなやばいねんけどーーーーーー」って感じやったし

 

実際練習室借りて譜読みしてたし(笑)

 

今度こそ本番へ向けてテンションを上げるのが大変やった😂(そしてあんま上がらんかった)

 

 

 

でも、今回出会ったほかの日本人お2人と私が、揃いも揃って関西出身❤️

 

会場の楽屋で

 

 

ぎゃはははははははwwwwwwww

ぎょえーーーーーwwwwwwwwww

ひぃーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwww

 

と騒ぎまくり

 

 

 

あの、さんざん「イタリア人うるせぇなーーー(-_-)(-_-)」と文句を言っていた、煩いイタリア人という人種に

 

「うるせぇ!!!(-_-)(-_-)(-_-)」

 

と3回ぐらい叱られたのが、とてもいい思い出(//∇//)

 

関西人は地球基準で見てもうるさいらしい(笑)

 

 

 

 

コンサート前のえっらい早い時間に呼び出されて撮られた写真←

f:id:Klavier888:20181109000431j:image

 

演奏中
f:id:Klavier888:20181109000437j:image

 

受賞中
f:id:Klavier888:20181109184425j:image

この審査員の先生の見た目が好きでした

 

 

 

ピアノへの気持ち・姿勢がまた一つ変化した経験でした!

 

 

これからもまだまだ頑張りますので

皆様、今後とも応援よろしくお願いいたします(*^o^*)♫

 

イタリアでコンクール 其の三 イタリアのゆるさに救われる…?

予選2日間が終わって(なんとか拾っていただいた( ;  ; ))

 

翌日は、音楽コンクールのピアノセクションを受験しました。

 

 

 

前日予選を終えたピアノコンクール

2ラウンド制・課題曲あり・ご褒美多め

 

やけど

 

この日の音楽コンクール

1ラウンド制で点数制審査・フリープログラム・ご褒美少なめ

 

 

みたいな感じで

同じ審査員、同じ会場やけど

全く別物のコンクールなのです。

 

 

 

音楽コンクールの30分フリープログラムは、予選曲と本選曲のハイブリッドで受けたから

 

落ち着かなかった2日前の予選のリベンジと

翌日の本選のリハーサル

どちらにもなってよかった( ;  ; )

 

 

 

この日はちゃんと舞台練習させてもらえて!

 

審査は時間通り開始した!

よかったよかった\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

深呼吸してから舞台へのぼってお辞儀

椅子の高さを調節して、鍵盤の上に手……

 

 

審査員「ちょっと待って。」

 

 

 

 

 

 

 

なにぃー(ToT)

 

 

 

 

二階席にいる、演奏の録音録画をしてくれるおっちゃんのスタンバイができてなかったらしく(-_-)

 

 

一階席の審査員とあーやこーや話してる間

私はピアノの前に座って待つ始末。

 

 

 

 

 

おとといは早く始められて

今度は待つんかよ!!!!!

 

 

 

一秒ごとに、自分の集中力メーターがさがっていくのがわかるぅ〜〜〜(ToT)

 

 

 

 

結局1分はゆうに超える舞台上でのの時間の後

 

 

 

審査員「はいどーぞー(^^)」

 

 

 

 

弾きにくっっっ(-_-)(-_-)(-_-)

 

 

 

 

まぁ、予選で弾いたハイドンソナタスクリャービンエチュード

(落ち着きすぎなぐらい)落ち着いて弾けました。

 

 

しかし、集中力メーターがもう下に振り切れてたため

初出しシューマンの途中で盛大な記憶障害が発生

まる一小節、無調の現代音楽になった_(:3 」∠)_

 

 

こんなところまで来てミスるって………もうだめだ………明日の本選もう弾きたくない…………

 

と、弾き終わったあとは昼からホテルの部屋でふて寝してました。

 

 

 

 

ふて寝といえば!←

 

 

この町には、シエスタがありました!

 

シエスタって私この度初めて知ったんやけど

一斉昼寝休憩文化のことです。

 

 

なので14時頃から暗くなり始める時間まで

町全体がシャッター街と化し

人っ子ひとりいなくなり、閑散としている(°_°)

全員家で寝ているのだ!!!!

 

かといって、午前中が活発かといったらそうでもなく、開いてる店は少ないし

ランチ営業してるレストランすらも、探さないとなかなかないぐらい。しかも13時オープン。

 

 

で、19時ぐらいからようやく人が外に出てき始め

20時からレストランが開き

21時頃「この町、こんなに人間おったんや(°_°)(°_°)」というぐらい、老若男女(赤ちゃんや幼児も!)が町を行き交い、若者は騒ぎだし

その騒ぎは夜中2時頃まで続きます。

 

 

これが毎日です。

 

 

 

だから、21時頃、コンクールから割り当ててもらった練習室でピアノ弾いてても

ピアノがうるさくて迷惑どころか

 

外から聞こえる嬌声と爆竹とズンジャカズンジャカ♫ で

練習にならんという事案が発生してましたヽ(;▽;)ノ

 

 

信じられん………

 

常に、自分の常識は世界の常識ではない、と思うよう心掛けて生きているけど

ここまで完全に生活時間帯がズレている世界があったとは……………

 

 

コラートに着いた時はそんな光景を見て

「治安悪いな…」と思ったけど

これは治安が悪いのではなく

ただ煩い人種たちなのだとわかりました。

 

 

f:id:Klavier888:20181105053447j:image

 


f:id:Klavier888:20181105053430j:image

照明があったかい!

 

おもしろい町やなぁ。

 

 

 

 

さて、話が逸れましたが

 

 

 

夕方、恐る恐る結果を見に行ったら

 

 

びっくりなことに

なんと1位…!\(^o^)/

 

 

 

よかった………(T-T)

かなり自暴自棄になっていたので、本当にホッとしました。

 

 

 

そして思った………

 

あんなに盛大な記憶障害あったのに、1位もらえるってことは

ここの審査員はアンプぐらいで減点とか無いんやわ………

 

そう、なぜなら、

 

🇮🇹ここはイタリアだから!🇮🇹

 

 

 

ずっとイタリアのゆるさにヤラレっぱなしで

 

ほんまにゆるい国嫌い……ゆるい人種きらい……まじで根本的に肌に合わない………

 

と嘆いておりましたが

 

 

今日の失敗だけきちんとなおして

明日のピアノコンクール本選はのびのび弾こ〜っと٩( 'ω' )و

どうせゆるいし〜٩( 'ω' )و

審査員も「またお前か」って感じやろ〜し〜٩( 'ω' )و

 

 

と自分に都合良く、調子に乗り出してきました(^o^)

 

 

 

あと、部屋のガスとWi-Fi接続もなおしてもらったし

美味しいイタリアグルメ&コーヒーにも舌鼓をうち

ずっと雨だったのがやっといいお天気になったり

 

ここにきてやっっっっとご機嫌になることができました(^o^)単純(^o^)

イタリアでコンクール 其の二 イタリアのゆるさにヤラレル!

なんとかホテルでゆっくり休むことができた波乱の一日目を終え

 

翌日は9時からいよいよコンクールの受付でした!

 

 

……の前に、朝食会場で救世主オタクくんに会うと

 

 

「ハラ殿〜!\(^o^)/」

 

どのwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

「どのは…あんまり言わないかな……」

 

「???

じゃあ………ハラセンパ〜イ!\(^o^)/」

 

 

…………まあいいかwwwwwwwwww

 

 

 

 

彼が日本へ行った時に食べたラーメンがいかに美味しかったかなどの話をしつつ

一緒に会場へ〜!

 

 

 

ここでも英語が微妙な(私と)コンクール主催者への質問をイタリア語でしてくれて

その回答を英語と日本語になおしてくれたり

 

受付が終わって参加者解散したあと

「スーパーへ行きたい」と言う私のために

町の人に近くのスーパーを訊いて連れてってくれたりと

 

それはもう……めちゃくちゃ役に立った……(^-^)←言い方が悪い

 

 

 

でも他の人たちとも

最初は英語で話してても、ドイツ語圏に留学してる子たちなことがわかってドイツ語になったり

 

アジア人に英語で話しかけたら日本語で返ってきたので

「あ、日本人だったんですねすみません!」

「いえ、東京に留学してるんです」

という新しいパターンがあったり(笑)

 

なかなかおもしろかったです\(^o^)/

 

 

が、3人以上で集まって喋るとなると、もちろん英会話になるので

途端に私はついていけず、ニコニコしていることしかできなくなるのである…。

 

 

 

 

 

 

 

こんなポスターも街中に貼られてました!

うれしい!

f:id:Klavier888:20181103181150j:image

 

 

審査はアルファベット順。

ハラ殿……ハラセンパイ……のHは、地味にかなり早めで

 

その日の夕方さっそく出番。

 

 

 

 

 

17時から3人、舞台でリハーサル

17時半からその3人の審査、やったので

 

16:50ぐらいには着替え終えて会場外のドア付近にて座って待ってたら

 

 

会場のドアが開いて、でてきた審査員

 

「おまえ〜〜か?」

 

「ちがう、ハラです」

 

「あれ………。ま、ええか。カモン!」

 

 

:(;゙゚'ω゚'):???

 

 

そしてその審査員……イタリア語で他の審査員に何か言ったのち…………

 

 

 

「どうぞ!( ◠‿◠ )」

 

 

 

えーーーーーーーーーーーー:(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

「わたしのぷらくてぃすは?:(;゙゚'ω゚'):」

 

 

「No. Your time( ◠‿◠ )」

 

 

 

 

なんでーーーーーーーーーーー:(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

どうやら、私の前の人が棄権だかその瞬間におらんかやったらしく

 

 

 

「ハラならおるけど?ハラでいい?じゃあ次ハラで!」

 

と、繰り上げ。

 

 

いやいやいや、繰り上げは仕方ないとしても

それで練習なしはひどい!!!(ToT)(ToT)(ToT)

 

 

 

 

けど今審査員に「練習さしてくれよ!」とゴネて

10分公開リハーサルしたあとに弾いたところで

事態が良くなるとも思えず………

 

結局予定より40分早い出番に………(ToT)

 

 

舞台練習ではこことここ、確認しーとこー

ってとこ決めてたから、ほんまにショックやった(ToT)

 

 

そんなこんなで全く落ち着かないままの演奏でした(ToT)(ToT)(ToT)

 

f:id:Klavier888:20181103090024j:image

 

 

 

 

でも、これがイタリア!!!!!!!

 

……というか、イタリアだけに限らず、全然よくあることやと思う。

し、全然大したことではないと思う。

 

 

 

のに、こんな些細なトラブルに動揺してしまうところが

ほんまにまだまだメンタル弱いなぁ…(ToT)

強靭な精神力で弾きたい(ToT)

 

 

と落ち込んだ上に

 

 

せっかく簡易キッチン付きのホテルの部屋にしたのにガスがつかんかったり

 

部屋のWi-Fiのネットが繋がらんかったり

 

蚊?にめっちゃかまれて顔と足と手がボコボコになったり

 

外交に疲れてきたり(笑)

 

 

………で、結構どんより☔️した気持ちになっておりました(´-ω-`)

イタリアでコンクール 其の一 コラートへ到着

コンクールでイタリアへ行きました🇮🇹

 

今回は、南イタリアのバーリの近くの、コラートという町。

 

バーリ空港についたのは21時すぎ。
空港からコラートまでは、 地下鉄とバスで1時間足らずやったのですが
なんと地下鉄が一時間に一本だけ…_:(´ཀ`」 ∠):

 

 


次の出発やと、コラート着が0時だったので

バスへの乗り継ぎが上手くいくかも怖いし、 知らんイタリアの町を深夜に徘徊してホテルを探すのも危ない……
ここは安全をお金で買おう…………

 


と、私にしては珍しく、ホテルまでタクシー移動を選択。
でもそれなら、 ちょっと高い便になっても、もっと早く着く飛行機にすればよかった←

 

 


空港タクシーに、コラートまでって言うと
各町までの料金が一定で決まってるらしく
乗る前にちゃんと運賃表を見せてくれました。
ぼったくられなくてよかった(^^)


なんならこっちが値切ってみたけど
ダメ!と言われたことによって、逆に好感度UP。

 

 


タクシー移動は………

 


もんのすごい真っ暗なド田舎の道を
車線無視で他の車を追い抜きまくり
最高速度は時速138キロをマーク😨

 


後部座席で


私は安全をお金で買った……

安全をお金で買っ……………

安ぜ…… 南無阿弥陀南無阿弥陀……………


と唱えてました。

 

 


やっとの思いで無事にホテル着!


レセプションは閉まってるから、 ホテルの前からここに電話して!と事前に言われていたので
恐る恐る電話………

 


………するも、イタリア語でワイワイ言われ

「ハラだよー(;o;)」と英語で言ってみるも
全く英語での返事はなく
通じてんだか通じてないんだかわからんまま

切られた……………

 


しゃあないから、 ホテルの前でトランクに座ってぽつんと待ってたんやけど

 


目の前の広場が、この町の若者たちの溜まり場で!!!!!!

 


22時を過ぎてるというのに、ティーンたちがズンジャカズンジャカ遊んでいるの😭

 

 


こわい〜〜こわいよ〜〜〜
この町、治安大丈夫か〜〜〜〜〜

 

 

↓こうして写すと伝わりにくいけど

ほんまに人がうじゃうじゃいて、わっしょいわっしょいしてた

f:id:Klavier888:20181101190844j:image

 

 

 

誰とも目を合わさないようにホテルの前で待っていると

西洋人男性2人組が近づいて来てこちらを見てきたので……

 

ふぁっ✨ホテルの人かな!?✨

 

と思ってこっちもニコニコと

「ハラだよー( ^ω^ )」

 

 

と言ってみたら

 

 

「( ^ω^ )?????」

 

 

……というリアクション。

 

 

 

 

あれ、ホテルの人じゃないのか………

じゃあなんで近づいて来たし…………(@_@)

 

と、急に警戒モードMAXに!!!!!(@_@)

 

 

 

そして話しかけてくる2人組の若い方。

 

「アーユージャパニーズ?」

 

「い…いぇす………」

 

 

 

あぁ…開口一番、日本人か訊いてくるなんて、やはりアジア人女性の夜のイタリア一人歩きは危険だ……おわた………完全に狙われ………

 

「!!!ワーオ!!!!\(^o^)/」

 

 

 

 

 

「!!!???(๑•ૅㅁ•๑)」

 

 

「ニホンジン!!!コンニチハー!!オゲンキデスカー!!ダイジョウブ???」

 

 

 

wwwwwwwwwwwwwwww

 

 

ドラゴンボール!ナルト!ルフィ!ハンターハンター!!」

 

 

 

 

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

イタリアのオタクーーーーーーー!!!!!

 

 

話を聞いてみると、イタリア人の彼もコンクール参加者でした(笑)

他の町から来てて、私が待ってたホテルに泊まっているらしい。

 

ちなみに、もう1人一緒にいたのは

仕事でついてきた「オラのトーチャン!」

らしい(笑)

 

 

もちろん英語もぺらぺらな彼のおかげで、私の事情もなんとか説明でき

ホテルにイタリア語で電話もしてもらって( ;∀;)

 

ホテルの人が来て、ちゃんと部屋に入れるまで一緒にいてもらった( ;∀;)( ;∀;)✨

 

 

 

 

私が待ってたのにホテルの人がなかなか来なかったのは

同じ看板を掲げてるホテルの別館が、広場周りに何軒もあって

私は違うところで待っていたからみたい(>_<)

 

彼がおらんかったら、私はホテルの人とずっとすれ違っていたのか……?オタク、救世主すぎる………!!

 

 

 

そんなこんなで、目的地に到着するだけでこのすったもんだ大騒動でした。

 

先が思いやられるコンクール編、スタートです!!

Philharmonix を聴いた\(^o^)/

タイトルの通りです\(^o^)/

 

10月14日、やっとフィルハーモニクスのコンサート@コンツェルトハウスへ行くことができました\(^o^)/

 

 

 

クリストフ🎹に

「コンサートの関係者チケットちょーだい♡」と頼んでみたら

 

[お安めランチにビールもつけちゃお]ぐらいのお値段で買うことができたのですがヽ(;▽;)ノ

 

 

そのお席がこぉんな一階席ましょーめん!

f:id:Klavier888:20181023061033j:image

 

定価やとおいくら万円するのかしら………🤑

 

 

 

クラシック曲をポップス寄りにアレンジとか

今まで全然興味がなく

好きか嫌いかと言われたら、どちらかと言えば嫌いやったし←

 

 

レッスンの時にも

(クリストファー先生忙しすぎて今学期始まってからまだ一回もレッスンがなく、毎回クリストフ!)

 

「クラシックちゃうからな?わかってる!?」

 

とすごく念を押されたし←←

 

 

正直ちょっと不安やった(笑)

 

 

 

 

けど

 

 

 

もう

 

 

 

出てきた瞬間から全員カッコよくて。

f:id:Klavier888:20181023062250j:image

 

すーぐ虜になりました♡

 

 

 

とにかく、イケてる!

 

雰囲気とかアレンジとか演奏とか、めちゃくちゃチャラいんやけど

ベースにあるクラシックの音楽性がしっかりしてるから

品がなくなることは決してないので

安心して聴いていられるというか……

爽やかにカッコ良い……😍

 

 

 

そして、チャラアレンジしてない、原曲に近いカンタービレな部分がふいに出てきたときの美しさといったら!

 

 

ニーチャンたちが

急〜にベルリンフィルウィーンフィルの奏者に戻るの!!!もううっとり(〃ω〃)

 

 

 

演奏している彼らが本っっっ当に楽しそうで

見ていてハッピーになれる時間でした♡

これこそが演奏会の醍醐味よねぇ♡

 

 

 

 

プログラムも、メンバーひとりひとりが主役になれる曲セレクトでおもしろかった!

キャラがたってるから、メンバー個人を好きになりそう!

 

 

クリストフメインの曲は、ショスタコのピアコン2番やったんやけど

 

ピアノパートはほとんどオリジナルやのに

チャラアレンジが故に鬼速テンポでやられてて

「なんかピアノだけ負担でかくない!?」って感じでかわいそうやった(爆)

 

他の曲でも、クラシックではありえへん大量グリッサンドとか、鬼速月光三楽章とか弾かされてたし(爆)

 

 

でもやっぱりメンバー全員テクニックがしっかりしてるから

ギリギリを攻めても崩壊しないので

聴いてるほうはめっちゃコーフンしてすごい楽しかった!

やるならこれぐらいやらないとね!!!という感じ。

 

 

ヴァイオリンが超鬼畜なことやらされてる、バルトークルーマニア民族舞曲が

とってもとっても好きでした(*^o^*)

 

 

 

 

終演後、ロビーでサイン会があって

メンバー全員が出てきてくれたんやけど

 

 

みんな揃った時のオーラが眩しすぎるし

なんか敏腕マネージャーみたいなのついてるし

カメラは回ってるし

 

クリストフが近くて遠かった……😭

 

 

 

 

アシスタントとして初めて来た時にソッコー

 

「Du で呼んで!いい?わかった?」

(あなた、じゃなく、君で呼んでってこと。つまり敬語やめて!ってこと)

 

と言ってくれたり

 

 

 

「指ならしする?」

「ん、ちょっと。」

「んな1分な。2分?(-∀-)」

「え〜っ3分は欲しいよぉ〜(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)」

「はぁ!?Σ(゚д゚lll)まぁじで!?Σ(゚д゚lll)」

 

っていうしょーもない茶番を繰り広げたり

 

 

 

 

レッスンで初見で弾いてくれる時に

 

「ぬぁぁぁあ!なんやこれ!マジク○やな!」

 

とか言いながら、でも弾いてる、

 

 

いつものクリストフじゃない〜〜〜(T_T)(T_T)(T_T)

 

 

っていう、めっちゃさみしい気持ちと

 

 

 

 

「あの後ろで踊ってるジャニーズJr.の子、うちの親戚やねん!!!!」

 

 

みたいな、めっちゃ誇らしい気持ち

(今のところ親戚にジャニーズJr.はおらんけど)

 

 

が入り混じってなんとも言えなかった………

 

 

 

 

………………けど、去り際にひときわでかい声で

 

「んじゃまた水曜日(レッスン)にね!!!!!」

 

 

コンツェルトハウスが揺れるぐらいのドヤ顔をして帰ってきました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

あ〜楽しかった!!!(*´꒳`*)

アンサンブルは楽しい!ということを教えてくれる演奏会でした。

 

 

 

 

 

そして水曜日には

もってったリストを「ク×!!!!」とか言いながら

す〜っっっごく素敵に弾いてくれて

 

いつもの大好きなクリストフ〜(*^ω^*)

 

となりました。めでたしめでたし。

今年も!Lange Nacht der Museen !

この季節がやってきました〜\(^o^)/

  

 

ウィーン中の美術館・博物館が

一枚のチケットで回り放題&深夜1時まで開館という

夢のような日\(^o^)/

 

去年の記事はこちら✨

 

klavier888y.hatenadiary.com

 

 

 

 

今年も気合入れて回ってきたのでリポート!

 

 

 

まずは、17:45からアルベルティーナ美術館に並び

 

特別展のモネ展☺️

f:id:Klavier888:20181019184235j:image
f:id:Klavier888:20181019184419j:image
f:id:Klavier888:20181019192253j:image
f:id:Klavier888:20181019184033j:image
f:id:Klavier888:20181019190729j:image
f:id:Klavier888:20181019192301j:image
f:id:Klavier888:20181019184318j:image
f:id:Klavier888:20181019184407j:image

 

モネといえば睡蓮なのに、睡蓮には今まで興味なかったけど

睡蓮以外の絵はなかなか好きでした!←エラソウ

 

 

そして、美術史美術館٩( 'ω' )و

 

f:id:Klavier888:20181019190933j:image
f:id:Klavier888:20181019192242j:image
f:id:Klavier888:20181019190949j:image
f:id:Klavier888:20181019190825j:image
f:id:Klavier888:20181019190920j:image
f:id:Klavier888:20181019190837j:image
f:id:Klavier888:20181019190926j:image
f:id:Klavier888:20181019190941j:image
f:id:Klavier888:20181019190831j:image

 

 

眼福ʕʘ‿ʘʔ❤️

スケールの大きい非日常空間が大好き!(って去年の記事でも書いてた)

 

 

さらに大好きな作品がいっぱいのオポルト美術館

 

 

クリムトベートーヴェンフリースの最後のスケッチ(´⊙ω⊙`)❤️❤️❤️うづぐじい〜

f:id:Klavier888:20181019191350j:image

 

 

病んでる美しさがたまらない(*´Д`*)

 

f:id:Klavier888:20181019191344j:image

f:id:Klavier888:20181019191616j:image

f:id:Klavier888:20181019191759j:image

 

 

 

シーレ作の詩
f:id:Klavier888:20181019191339j:image

 

 

 

現代芸術家たちによるシーレへのオマージュ作品の展示もあったけど

f:id:Klavier888:20181019191904j:image

 

全然理解できないし、写真には写せないような感じ(ご想像にお任せします)がほとんどだったよ😂

 

 

劇もしてました。

f:id:Klavier888:20181019192103j:image

 

 

 

さて、ここまでは定番コース!

 

ここからは、せっかくやから普段行かないところへ行こうコース!!!

 

 

まず、プラーターの中にある

プラネタリウムへ行きました〜💫

 

 

プラネタリウムなんて、おそらく幼稚園の遠足で一回行ったっきりよ( ゚д゚)

 

このまま一生プラネタリウムへ行くことなく人生を終える可能性も普通にあった( ゚д゚)

 

のでめっちゃテンション上がりました💫💫💫

 

 

ただ、夜のプラーターは本当に治安が悪く……

プラネタリウムへ行き着くまでは、ぐでんぐでんに酔っ払った……酒に酔ってるならまだいいけど……← な荒くれ者達でいっぱいで

かなり怖かった(´;ω;`)

 

プラネタリウム自体は子連れ家族もたくさんいて平和でした!

 

30分ずつのプログラムで

私らは22:20ぐらいに行くと、22:30からのはもう満員と言われたので

23:00からの整理券をもらってからコーヒー飲みに行った☕️

 

 

中はふかふかの気持ちのいい椅子でなかなか快適。

 

そして、上映が開始すると

オープニングの音楽がいきなり

 

 

🎺ドドドドー!ドドドドー!ドドドミー!!

 

 

マーラーwwwwwwwwwwww

 

 

 

いやーさすがウィーンのプラネタリウムっすな。

 

シンバルのとこで隕石がバーンってなってわらった。

 

 

 

その後は1区へと戻り

 

お洋服が大好きな私のリクエストで

モード美術館へ\(^o^)/

 

 

日本の文化・着物とウィーンのユーゲントシュティール、みたいな展示だったけど

 

「節子…それ着物ちゃう……チャイナ服や……」

 

も😂

ざっくりアジア……ヨーロッパあるある😂

 

 

 

f:id:Klavier888:20181020023803j:image

 

どこかに和テイストのあるらしいお洋服たち。

イッセイミヤケとかの。
f:id:Klavier888:20181020023746j:image

 

 

 

こちらは別の部屋でウィーンモード史、みたいな。

大好き大好き(*´꒳`*)
f:id:Klavier888:20181020023753j:image
f:id:Klavier888:20181020023757j:image

どちらかというと、こっちを期待していたのでちょっと残念。

 

もっと、ハプスブルク家のドレスコレクションから今に至るまで、みたいなのしてほしいよ〜(希望)

 

 

 

でも、ユーゲントシュティールの方の展示のおかげで

クリムトが写真で着てる、でろーんとした服は

日本の着物風のもの、ってことを初めて知ってびっくりでした( ゚д゚)うれしい!

 

 

 

最後に、リヒテンシュタイン宮殿の見学に行きたかったんやけど

着いたらもうツアーの最後の組が出発してしまったあとだったため入場できずでしたあ(ToT)

リベンジせねば!

 

というわけでここでタイムアップ! 

 

でも、学生券12ユーロの元はじゅーぶんとれた

大充実の美術館巡りでした(*^o^*)幸せ(*^o^*)

 

 

やっぱり文化・芸術がすごく身近な街やなと改めて感じました🎵