すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

2019.02.23 大阪リサイタルのお知らせ

※パソコン表示の際、最上部にピン留設定してます※

※最新記事は次記事へ※

 

 

 

2月に一時帰国し、ヤマハミュージック 大阪なんば さん主催で

リサイタルをさせていただきます。

 

f:id:Klavier888:20181204194448p:image

 

 

2019年 02月 23日 (土)  14:00 開演

ヤマハミュージック 大阪なんば店2Fサロン

 

チケット: 学生/ヤマハ会員 2000円

                 一般 2500円

 

曲目:

モーツァルト ピアノソナタイ長調 K.331 「トルコ行進曲付き」

シューマン  ウィーンの謝肉祭の道化 op.26

シューマン=リスト   献呈

リスト   巡礼の年第2年イタリアより ダンテを読んで   ………他

 

 

 

 

2月といえば、ヨーロッパは謝肉祭!カーニバル!

なのでシーズンぴったり🌟のシューマンをお届け!

op.9の謝肉祭ではなく、ウィーンの謝肉祭の方やけど!

 

 

そして

 

ウィーンの謝肉祭の道化のサブタイトルである「幻想的絵画」(Fantasiebilder)をコンサートのサブタイトルにしてみました✨

 

 

 

この、曲目の中からコンサートのタイトルつけるっての

むかーしっからずっと憧れでやりたかったやつ!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

ダンテにソナタ風幻想曲 という

素晴らしい副題がついてくれていてよかったよ(;ω;)❤️

 

 

もちろん!単純にタイトルしばりをしたわけでは決してなくて!

私なりに、時代や作曲家、曲の相性を考えた上でのお気に入りプログラミングのつもりです。

 

だって、プログラム提出した 後に

シューマンにこんなステキなサブタイトルがついてることを知って

「これは!使わない手はない!」と

慌ててコンサートのタイトルを付け直してヤマハさんにメールしたのである(笑)

 

 

 

で、かなりまとまったプログラムになったんやけど

王道すぎてこっ恥ずかしい←ので

 

チラシには載せてない曲は、クラヲタさんにとってもちょっとマイナー路線の曲も弾いて

ハズそうかなぁとたくらんでいますう( ˘ω˘ )

 

でもトルコ行進曲とか献呈とか?、皆さん聴き慣れてるであろう曲もあるし

私のカタイ頭で考えたわりにはバランスがいいんではないでしょうか…!

 

 

 

 

すみません、プログラムフェチなので、くどくどとプログラミングのことばかり書いたけど

そんなことよりまずは演奏やな。演奏演奏。

 

 

まだまだ準備に取りかかれていないけど

これからどんな約90分に仕上げていくか、自分でも楽しみ❤️

 

 

 

チケットのご予約は

 

(株)ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店

TEL   06-6531-8155

 

 

本ブログのコメント欄でもお取り扱いいたします!

 

 

皆さまどうぞお誘い合わせの上、お越しくださいませ…!

 

 

 

 

 

今日のウィーンは気温が12度もあって

 

なんとあったかい(´;ω;`)ありがとうありがとう(´;ω;`)

毎日これぐらいにして(´;ω;`)

もう先週の雪とマイナスの日々には戻らないで(´;ω;`)

(とはいえ普通に寒いけど)

 

と思っていたら

 

日本は25度とかニュースになってて絶句でした。

 

 

年末らしくない年末ですが

2018年残り1ヶ月、頑張っていきましょー!٩( ᐛ )و

野望を語る

先日、2019年初レッスンでした!\(^o^)/

早速先生欠席←で、クリストフとやったんやけど

私が欲張ってあれも弾く!これも弾く!ってやってたら

2時間半経ってた( ゚д゚)

しにそうでした。(クリストフが)

 

 

 

で、疲労困憊の中、目半開きで地下鉄に乗ってたら

 

ホームに思いがけないポスターが!!!!!

 

 

写真📷は撮れてないからネットより………

 

f:id:Klavier888:20190111012231p:image

 

ぴえええええええええ(((o(*゚▽゚*)o)))✨✨✨

Volksoper でコッペリア!!!!!!!!!

 

 

 

即座に、一年前のブログにこんなことを書いたのを思い出した!

 

klavier888y.hatenadiary.com

 

 

 

いや〜まさかの、鬼門やと思っていたコッペリアをやってくれるなんて嬉しすぎる…………フォルクスの偉い人、私のブログ読んでくれたんちゃう???

 

 

以降、頭でマズルカが流れっぱなしだわ!

絶対行く!すこぶる楽しみ!( ^∀^)

 

 

というのが、最近あった一番うれしいことでした (笑) 

 

 

 

踊ったことあるバレエ作品制覇もそうやけど

 

もひとつ叶えたい野望…それが

 

ワーグナーの指輪4部作を全部観る!!!!

 

 

 

恥を忍んで書くと

私、わりと最近まで

ニーベルングの指環っていうお話があると思っていてですね………

 

つまり

ラインの黄金ワルキューレジークフリート・神々の黄昏

を4つまとめたものをニーベルングの指環っていうことを知らなかったんですけど……_(:3」z)_ 酷

 

 

↑を知った直後の去年の夏の誕生日

 

「誕生日には、自分の知らない新しいことを知る日にしよう!」

と思って!!!

 

一人で家で【マンガ!ニーベルングの指環】を読んでた(笑)

 

 

・・・・・

無理やり枝を広げていった感しかなくて

何が面白いんだかわからんかった←ボロクソ

 

 

 

 

それはさておき、ウィーンでは毎年、国立歌劇場で指環を全部やる期間があるのですよ。

 

というか、今まさにやってるんですよ。

 

 

8日 ライン 19:00-21:30

12日 ワルキューレ 18:00-22:45

16日 ジークフリート 17:00-22:00

20日 黄昏 16:00-21:30

 

のためにそれぞれ開演2時間前から並ぶ・・・・・

 

いやさすがにきついわ・・・・

 

 と思って行けてまてん 泣

 

 

まーでも今日という日が一番若いねんけどな………

やっぱり行けばよかった…………

 

ワーグナーを3ユーロで、指環全作連チャンで観られる街なんか

ど~~~~~う考えても世界中でウィーンしかないもんな(>_<)

 

 

 

 

最近、そんな「行けばよかった」が結構多くて……

これは留学生活が長くなってきた弊害かも。

いつでも行けると思っちゃう(>_<)

 

きちんと外へ出なければ!!!

 

 

まだ一回も聴いたことないシリーズたくさんあるぞ………

ラフ2ピアコンとか未完成とかチャイ6とか………

キーシンとか……←  ユジャワンとか………←

 

 

自分の偏った好みだけじゃなく

もっと視野を広げられるようになりたいです。

女2人ブダペスト旅 其の三

ウィーンからブダペストへの旅、ラスト!

 

 

 

王宮から帰ってきて宿で休憩したのち

地下鉄に乗って移動します。

 

こんなに可愛い駅のホーム😍

f:id:Klavier888:20190105035036j:image

 

 

ブダペスト1番線は、世界で3番目に古い地下鉄で、世界遺産やって!

たしかにかなりレトロで不安だった←

 

 

Hősök Tere 駅を出ると目の前に

 

 

英雄広場

 

f:id:Klavier888:20190105035208j:image

 

f:id:Klavier888:20190105035250j:image

ここまでドッカーンと抜けた広い広場は

今まで行ったところのどこにもない気がするな。

空が広い。

 

 

めっちゃ内股な私である
f:id:Klavier888:20190105035245j:image

 

 

英雄広場から奥の市民公園にはいり、まっすぐ歩くと左手にある黄色の建物が

 

 

 

ヨーロッパ最大の温泉施設

セーチェニ温泉です!!!

 

 

 

もうね、あれこれ言わないので、これを見てくださいな( ´_ゝ`)

 

 

 

 

f:id:Klavier888:20190105040419j:image

 

楽園かな?

 

 

 

 

男女混浴、水着着用です!

 

f:id:Klavier888:20190105041610j:image

f:id:Klavier888:20190105040134j:image
f:id:Klavier888:20190105040129j:image

 

 

ヨーロッパの温泉ってぬるめやから

真冬の露天風呂なんか入れるのか?と心配してたけど

浸かってる間は全然大丈夫だった!

 

まあ出はいりは、リアクション芸人の動きになる。

 

 

 

室内

f:id:Klavier888:20190105040821j:image
テルマエロマエ……!

 

 

熱いお風呂はないけど、ポカポカするぐらいのお風呂はいくつもあって

くーちゃんと、終始無言で湯に浸かっておりました(笑)

 

 

あとサウナもいっぱいあった!

 

ヨーロッパのサウナは全裸男女混浴が多い中

ここは水着やから堪能できた!!!!

めっちゃよかった〜〜〜\(^o^)/

 

 

2時間半ほど風呂とサウナを行き来しました!!!!!

 

 

 

すっかりふやけた後は

温泉の向かいにあるお城!!を散策。

f:id:Klavier888:20190105042004j:image

クリスマスマーケットがでてて、すごくいい雰囲気…♡

 

 

ホグワーツ……!
f:id:Klavier888:20190105041954j:image
f:id:Klavier888:20190105042041j:image
f:id:Klavier888:20190105042054j:image

 

 

 

お城の横にはスケートリンク
f:id:Klavier888:20190105042100j:image
f:id:Klavier888:20190105042036j:image

 

 

なんかもう

だったんですけど〜〜〜〜♡♡♡♡♡

 

 

 

みんなが幸せそうで、私たちも幸せ…(*´꒳`*)

 

 

 

 

夜の英雄広場もなんとも幻想的な雰囲気✨
f:id:Klavier888:20190105042009j:image

 

 

 

アンドラーシ通りが大阪の御堂筋ぽい
f:id:Klavier888:20190105042022j:image

 

 

 

 

いや〜、ブダペスト好きや😭💕

 

 

 

イタリアよりドイツが好きな理由は

なんやかんやで言葉がわからんってのが大きい理由やろ、と自分でも思ってたけど

 

 

ハンガリー語の方がイタリア語よりも何倍もわからんのに

ブダペストはもうほんまに好きやった。

 

 

 

あと、結構いろんな人から

ブダペストは一歩でも路地入るとすっごい怖いよ!」と言ってもらってたけど

 

少なくとも今回うろついた場所では

「全くそんな気配ないよなぁ?」でした🙂

 

 

 

とはいえ、私ら2人が他の治安悪いところに慣れすぎてるだけかも← やし

日本人観光客はやっぱりいいカモになり得るので

絶対警戒するに越したことはないです⚠️

 

 

でも、住みやすそう〜!っていう印象!

ほどよく都会。物価も安いし。

 

 

 

夜は、宿にて

持ってきたパスタソース明太子のスパゲッティを食べた(笑)

全然食費のかからない2人(笑)

 

 

 

 

翌朝、帰りのバス乗り場へ向かう前に

ハンガリーの音大といえば、の

リスト音楽院

 

を見に行った✌︎

一応2人とも音大生なのでね✌︎

 


f:id:Klavier888:20190105042016j:image

リスト様!

リストが作った学校って……冷静に考えるとすげーな………

 

 

 

そして、学校の側面(そくめん?笑)には………


f:id:Klavier888:20190105042030j:image

 

私の!大好きな!作曲家(兼指揮者兼ピアニスト)の

 

エルネー・ドホナーニ氏のプレートがっっっ!!!!!∑(゚Д゚)

 

プレートどころか、通りの名前にもなっとるし!!!!!!!!!∑(゚Д゚)

 

リスト音楽院の院長・教授してたらしい。

 

 

 

いや……この旅でまさかドホナーニに出会えるとは思わんかった………感激である…………

 

 

最後の最後にちょびっとだけ本業にまつわる経験もできてよかった(*^ω^*)

 

 

 

そして来た時と同じバスで帰りました〜!

帰りはほぼ時間通りに着いてよかったよかった。

 

 

 

………という、最っ高に気持ちのいいブダペスト旅でした*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

ゆっくり過ごせたからめっちゃくちゃ英気を養えたよ(^^)♫

とにかく(私は)ノンストレスやったのは、なによりもくーちゃんのおかげである♫♫

 

 

 

バス往復3000円で行ける国やし、行っても特にお金も使わんし

あったかい季節にもまた行ってみたいなぁ〜🌷

 

 

女2人ブダペスト旅 其の二

ウィーンからブダペストへ の旅2日目!

 

翌日はすっきり快晴&あったかい!☀️✨

超観光日和でした!!!

 

昨晩のくさり橋をバスで渡ってから

王宮の丘へと登ります٩( 'ω' )و

 

 

 

 

ケーブルカーのチケット売り場の長蛇の列に並んでたら勧誘された

 

・ケーブルカー上り下り往復料金と同額で上り下り

・各観光スポットにバス停あり

・好きなバス停で乗り降りできる(降りずにスルーでもいい)

・いつでも周遊してる車に乗れる

 

 

という、特に欠点が見当たらないキャッスルシャトルバス

というこれに乗って上まで登りましたよん。

f:id:Klavier888:20190104032106j:image

 

 

 

まずは、マーチャーシュ教会⛪️

 

f:id:Klavier888:20190104001320j:image

かわい〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 


f:id:Klavier888:20190104001352j:image
f:id:Klavier888:20190104001314j:image
f:id:Klavier888:20190104001344j:image
f:id:Klavier888:20190104001339j:image

f:id:Klavier888:20190104001702j:image

 


f:id:Klavier888:20190104001331j:image

f:id:Klavier888:20190104002631j:image

「めっちゃブダペスト好き。早くももう一回来たい。」って言ってる二人(笑)

 

 

 

マーチャーシュ教会の内部を見学するのは

時間決まってる&お金かかる で

この後時間になって来てみたら、チケット売り場すっっっっごい並んでたので

びびってやめました(ToT)

 

ネットで検索したら、めっちゃキレイそうやったので

中見たい方は、早めに並ぶことをオススメします……!

 

 

 

漁夫の砦🎣

 

f:id:Klavier888:20190104003852j:image

 

からの絶景✨
f:id:Klavier888:20190104003542j:image

f:id:Klavier888:20190104004614j:image
f:id:Klavier888:20190104003624j:image
f:id:Klavier888:20190104003744j:image
f:id:Klavier888:20190104003536j:image
f:id:Klavier888:20190104003818j:image

それにしてもいいお天気である(*^ω^*)

 

 

 

 

1827年創業の老舗カフェ、Ruszwurm で休憩🍰

f:id:Klavier888:20190104032311j:image

 

ちっちゃいお店で混んでるけど

お持ち帰りの人もいるから少し待ったら座れた!
f:id:Klavier888:20190104032328j:image
f:id:Klavier888:20190104032317j:image

f:id:Klavier888:20190104032333j:image

 

 

 

お目当ては、このケーキKrémes クレーメシュ
f:id:Klavier888:20190104032323j:image

カスタードクリームをパイ生地で挟んだもの♡

めっちゃ美味しかった〜♡

 

 

ブラブラと町歩きしまして

f:id:Klavier888:20190104033921j:image
f:id:Klavier888:20190104033830j:image
f:id:Klavier888:20190104033838j:image
f:id:Klavier888:20190104033859j:image

 

 

ブダ城🏰


f:id:Klavier888:20190104033852j:image
f:id:Klavier888:20190104033913j:image
f:id:Klavier888:20190104033907j:image
f:id:Klavier888:20190104033845j:image

 

 

 

 

この日の一番最初、丘の上に着いたのが11時ぐらいで

写真撮りまくってお茶もしてあてもなく歩いてってなゆっくりのペースで見て

終わったのが14時ぐらい。

 

 

 

マーチャーシュ教会の中とか、お城敷地内の国立美術館とかを見学したとしても

半日あれば見終われるのかな〜と思います!

 

 

 

ド観光地でめっちゃ人もたくさんいるのに

なんか静かというか……不思議な世界やった…(°_°)

でもすごい好き♡

 

 

 

一旦宿へ帰って休憩後

温泉へと向かいまーす!

女2人ブダペスト旅 其の一

ちゅーわけで!

 

くーちゃんとウィーンからブダペスト出発!

交通機関は、もちろんバス!!!

 

電車でもバスでも3時間弱で行けるというので、それなら安いバスで。

 

 

 

今回は、REGIO JETという会社のバスを使いました。

ウィーンブダペスト間が、このハイシーズンの週末で片道13ユーロ\(^o^)/

 

調べてみるとチェコの私鉄の会社だそうで、電車もあるみたい。

ウィーンからプラハやブルノへの路線が主なようです。

 

 

バスは、Hauptbahnhof のSüdtirolerplatzからでていて……

f:id:Klavier888:20190101034411j:image

 

 

 

格安やし、全然期待してなかったんだけど

乗ってみたら

 

 


f:id:Klavier888:20190101034429j:image

 

飛行機……?

 

各席モニター付きバスは初めて(@_@)

コーヒー、紅茶サービスもありました。すごいぞレギオジェット………

 

 

ただ、英語・ドイツ語版の映画は残念ながら少なくて

ひとつもわからんチェコ語ミニオン観てました。
f:id:Klavier888:20190101034423j:image

わからんかった。

 

 

 

このバスが遅れに遅れて

到着したのは予定より3時間遅い15時……_:(´ཀ`」 ∠):

 

バスは地下鉄緑色4番線の終点、Kelenföldに到着し
f:id:Klavier888:20190103003538j:image

ブダペスト地下鉄路線図!

 

 

市内中心部の宿まで移動。

 

 

 

今回の宿もAirbnbやったんやけど

初めて、家主に一切会わないパターンの部屋(家主がマンションの一室をゲストハウス用に借りてる)でした!

鍵は事前に知らされる暗証番号式、もちろんキレイなキッチン・トイレバス付きでサイコーだった(//∇//)

 

もうもはや旅はホテルじゃない方が好きかもしれん。

 

 

 

 

しっかし、バス遅延のせいで外はもう真っ暗、しかも雨模様……おまけにお腹すきすぎて

これから観光に出かけるのはもう不可能。

 

なので、ひとまず近所でご飯にすることに。

 

 

 

 

……の前に、ハンガリー国立歌劇場

が、とっても近所にあることがわかったので

お店を探しながら観に行った\(^o^)/

 

 

 

なんとあのマーラー音楽監督を務め

リヒャルトシュトラウスフルトヴェングラーカラヤンも客演指揮した

歴史あるハンガリー国立歌劇場がこちらです!!!

 

 

 

 

f:id:Klavier888:20190103010056j:image

 

 

 

/(^o^)\/(^o^)\/(^o^)\

めっちゃ工事中〜〜〜_(:3 」∠)_

 

 

別日に撮った正面(笑)
f:id:Klavier888:20190103010101j:image

 

そこまで隠さんでも!ってぐらいがっつりしっかり工事中でしたわ/(^o^)\

 

 

でも中は入れた!
f:id:Klavier888:20190103010040j:image
f:id:Klavier888:20190103010051j:image
f:id:Klavier888:20190103010045j:image

 

ウィーンのオーパーとかなり似てるような……(*⁰▿⁰*)♡

 

 

 

その後、何故かハンガリー全っっ然関係ないシーフードレストランで海鮮を堪能し(笑)

f:id:Klavier888:20190103032910j:image
f:id:Klavier888:20190103032915j:image

ハンガリーといえばトカイワイン♡


f:id:Klavier888:20190103032921j:image

 

 

 

 

食べたら元気になったし、雨もあがったので

有名な旧市街の夜景を見に行くことに✨

 

 

バスで橋のふもとまで行って

ドナウ川にかかる、くさり橋を歩いて渡るよ!

f:id:Klavier888:20190103033855j:image

 

ドナウ〜
f:id:Klavier888:20190103033904j:image

 

橋の向こうは王宮🏰
f:id:Klavier888:20190103033838j:image

 

右手の建物は、国会議事堂
f:id:Klavier888:20190103033844j:image

 

渡りきった!
f:id:Klavier888:20190103033921j:image

 

 

 

ドナウ川沿いを散歩

なんてキレイなの………✨
f:id:Klavier888:20190103033850j:image
f:id:Klavier888:20190103033916j:image

 

電球の色が全部黄色という、アジアとかアメリカではきっと見られない夜景で

すごーくロマンチックでした(*^ω^*)✨

 

 

 

 

こう見えてまだ19時台やったので(だって移動してきただけやからな😂)

帰りにスーパーで食材を買い込み

醤油とかみりんを詰替容器にいれて持参していたため、宿で鶏のからあげを揚げ(笑)

夜中までワインを飲みながらくーちゃんと語り明かしました🍾💕

なんて最高なんだ…………

ウィーンはらツアー

2018年もいよいよ終わりを迎えようとする頃

私にとって超ウルトラビッグなイベントがありました!

 

 

大好きな友達のくーちゃんがウィーンへ襲来\(^o^)/

 

 

 

 

くーちゃんは、高校・大学が同じで

今ドイツに留学中のピアニスト٩( 'ω' )و

 

教室や学食でいつも一緒にいた……わけでは全然ないんやけど

不思議と10年、ず〜っとず〜っと仲良くしてもらっています。

 

 

 

 

そんなくーちゃんが来てくれると言うので

一日はしっかりウィーンを紹介しなくては!!と

張り切ってはらツアーを敢行!

 

 

 

く「原が何回も行ってるとこやったら、私一人でも行けるし別にいいで?」

 

は「大丈夫、はらツアーは、はらが行きたいところにしか行かない。

 

 

ひどいwwwwwwwwwww

 

 

 

そんなはらツアーのテーマは

もう皆様御察しの通り

一日でウィーン世紀末芸術を堪能しよう

です。

 

 

 

 

ハプスブルク家

 

…………だけじゃないウィーンの魅力を知ってもらおうっていうコンセプト!

 

 

なので

 

 

 

は「美術史美術館やシェーンブルン宮殿は、はらツアーには絶対組み込まれへんから、行きたかったら勝手に行ってな。」

 

 

ほんっっっとひどいwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

まぁ一応、美術史美術館もシェーンブルンも

一緒に高校の音楽科研修旅行で一回行ったことがあるからね。

まっっっったく覚えてないけどね!!!!

 

 

 

 

 

 

というわけで!

 

まずは

ベルヴェデーレ宮殿

 

 

 

クリムトの接吻

 

f:id:Klavier888:20181230023403j:image

 

からスタート。

 

 

 

町を歩けば

 

接吻接吻モーツァルト接吻モーツァルト接吻接吻モーツァルト接吻接吻接吻接…………

 

とそこかしこで目に入る、ウィーンで一番有名な絵ですが

 

やっぱり本物の作品の持つエネルギーはすごい!

 

 

f:id:Klavier888:20181230023939j:image

接吻を眺めるくーちゃん。

 

 

その後上宮の美術館をしっかり観てまわり

f:id:Klavier888:20181230024510j:image

メッサーシュミットの変顔と見つめ合うくーちゃん。

 

 

 

外へ出て下宮へ移動。

 

f:id:Klavier888:20181230025849j:image

 

 

当初の予定ではレオポルト美術館へ行こうかと思ってたんやけど

ちょうど下宮でエゴン・シーレをやってたので、それで済ます← ことに。

 

 

でもかなりいいコレクションで

急にめっちゃ喋り出す私。激アツ。(笑)

 

 

死と乙女とか見(せ)ました。

f:id:Klavier888:20181230030005j:image

いや〜暗いね〜なんて暗いんだ〜好きぃ〜

ちゃーんちゃちゃちゃちゃん!←シューベルト

 

 

 

で、お腹ペコペコやったので

ちょうど下宮からでたところのブロイ Salm Bräu

スペアリブ🍖とビール🍻で乾杯🎉

 

 

 

 

 

店の前からトラム71番でカールスプラッツへ移動し

オーパーなどを眺めつつ

 

私が今回のはらツアーで、くーちゃんに一番見て欲しかった 

 

ゼセッシオンへ!!!!

 

f:id:Klavier888:20181230032937j:image
f:id:Klavier888:20181230032932j:image

 

 

 

ベートーヴェンフリースを見に行きました。

 

 

 

ベートーヴェンフリースとは……

 

ウィーン世紀末の芸術家たちのグループ【分離派】がゼセッシオンでの展覧会を開くにあたり

クリムトベートーヴェンの第九のストーリーになぞらえて制作した壁画

 

 

分離派ってのは

保守的な奴らから離れてやるぜ!っていう、1897年に発足した、攻めたほうの芸術家グループ。

 

 

前記事に書いたリヒャルトシュトラウスのメタモルも十分すごいけど

 

楽家だけじゃなくて画家も、芸術家としてベートーヴェンを(さっきのシューベルトも)リスペクトした作品を作るってのがすごい………

 

 

今から100年以上前でも、ベートーヴェン・第九は芸術家にとって特別な存在であったというのがわかって

今ここに生きていて、同じくベートーヴェンをリスペクトしながら芸術を学んでいることが

本当に尊くて有難いなと思える気持ちになる、大好きな作品なのです。

 

 

 

なにより、壁画やからウィーンででしか見られないしね…!!!!!!!(>_<)

 

 

写真撮れないから、我が家に飾ってるポストカードで一部紹介。

 

f:id:Klavier888:20181230055840j:image

 

 

実物は、決して派手な作品じゃないけど

ちゃんと第九!!!

私が第九が死ぬほど大好きってのも大きいけど、ほんまにほんまにほんまに何回見ても涙が出そうになる……いつまでも、何時間でも見ていられそう。

 

 

 

 

その後、ケルントナー通りを歩……こうとしたら

シュテファン寺院付近、シュニッツェル屋さんの老舗レストラン・フィグルミュラー前で

3時間前にまさかの銃撃事件があり

一人が亡くなったというニュースが😱😱😱

 

やけど、ぜんっっっぜん町はざわついてないし、警察も一人も見ないし

 

は「絶対この行き交う人たち、事件のこと知らんでな」

 

ってぐらい平和やったし

なにより

 

く「まぁ犯人は現場には戻らんやろ」

 

の一言で………

 

 

 

 

f:id:Klavier888:20181230063023j:image

事件現場付近からお届けしました。

 

 

 

f:id:Klavier888:20181231051939j:image

シュテファンひさびさに入ったけどやっぱりキレイ。

高校の時にここで演奏した時に

窓から陽が射して感動したのだけは、二人とも覚えてた!

 

 

 

そしてはらツアーラストを飾るのは

 

国立歌劇場で

Hänsel und Gretel 

の立ち見〜!

 

開演2時間前から並んだよ。

 

 

私がヘングレ大大大好きなのも、もう毎年書きすぎて飽きてるから割愛しますが←

 

f:id:Klavier888:20181230063939j:image

 

今年もやっぱり最高だったな……

なんてハッピーな気持ちになれるオペラなのかしら…………

 

 

 

 

 

これにて

くーちゃんの希望をガン無視した

はらによるはらのための、ウィーンはらツアーは終了/(^o^)\

 

くーちゃん、ついてきてくれてありがとうwwwwwwwwwwww

 

 

翌日から、ハンガリーブダペスト

女二人旅に発ちます!!!!!

ペトレンコを聴いた

ウィーンフィル定期\\\\٩( 'ω' )و ////

 

三年ぐらい前?、ペトレンコ氏ウィーンフィルデビューを聴きに行って

なぁぁぁんてステキなの😍とすっかりファンになって以来の拝聴でした!

 

 

この日のプログラム

f:id:Klavier888:20181229003024p:image

 

一曲目は現代曲やったけど

どちらかというとスターウォーズ系の楽しいいい曲でした🌟

 

ウィーンフィルを筆頭に他のオケも

現代曲をやる率がほんっとに高い!

これもこちらに住んで、日本との違いをめちゃめちゃ感じるところ。

 

 

 

そしてそして!!!!

何よりこの日の演奏会で私が静かに感動に打ち震えたのが

 

リヒャルトのメタモルフォーゼンです(;ω;)✨✨✨✨✨✨✨

 

 

 

Metamorphosen (変容) っていうタイトルは聴いたことあったものの

 

私、勝手に頭の中で【死と変容】やと変換していて

 

曲始まって、あれ?(´⊙ω⊙`)←

 

 

ちなみに、【死と変容】はドイツ語で Tod und Verklärung なので

日本語では 【死と浄化】と訳すべきだわ!!!

 

 

で、もう一回プログラムを見直したら

〜23人のソロ弦楽器奏者のための習作〜とか

めちゃくちゃカッコいい題ついてるし

もうそれだけで私のタイプ(//∇//)

 

普通に、弦楽のための、とかじゃなく

あくまで ソロ×23人 と書くところがツボ。

 

 

しかしなによりも、曲が好きすぎたのです………昇天した…………

 

 

まずハーモニーとか転調の仕方とか、めちゃくちゃ好きなやつやったんやけど

 

私の大好きな、ウィーン世紀末の絵画(分離派のあれ)を彷彿とさせるような

 

どうやっても救いようのない、堕ちていく、無くなっていく、頽廃的なムードがずっと漂っている。

どんなに美しいメロディー・音が鳴っていても

すごく悲しくて、死を感じさせるのね。

 

なんて暗い曲なんやろう………なんなのこの曲は……………

 

と考えながら、立ち見席で震えておりました。

 

 

 

 

で、あまりにも曲が気に入ったから

帰宅後即YouTubeで聴きつつ(どんだけ)(しかも二回) 

メタモルフォーゼンをググってみた!

 

 

 

 

らですよ!!!!!(@_@)

 

 

 

もー本当にびっくりしたんやけど!!!!!!!(@_@)

 

 

 

 

 

以下Wikipedia より抜粋↓

 

ナチスドイツ崩壊直前の4月12日に完成された。

第二次大戦によってドイツの町並みや農村の風景などが破壊されて行き、自作の初演が行われた多くの劇場や音楽会堂も次々と瓦礫と化していく中で、ドイツの歴史や古くからの文化、伝統の喪失に対する悲しみや、崩壊していく祖国への惜別の思いを込めつつ敢えて筆を進めたという。そして45年2月にベルリンの国立歌劇場やドレスデンの国立歌劇場を始め、3月にはウィーンの国立歌劇場が破壊されたという悲報に接し、「取りかえしのつかない消失についてのなげき」を表すために作曲されたもので、戦争に対する抵抗の音楽となっている。

 

 

 

えーーーーっっっ!!!)^o^(

 

これもー

ピタリ賞やんかーーーっっっ!!!)^o^(

 

 

 

さらにさらに…………

 

 

曲の終末9小節には“In Memorium”と書き込まれて、そこからベートーヴェン交響曲【英雄】の第二楽章 葬送行進曲の冒頭が低弦によって演奏されるのであるが、これによってこの曲がドイツの死を悼む音楽であることが明かされるという。

 

 

 

( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

 

 

それは……さすがに気づかなかった………

というか、はじめから葬送のテーマがメタモルフォーゼしていってたらしいです。

 

なにその伏線の回収………

 

ドイツをベートーヴェンで表すってのがまずツボすぎるし………

 

やっぱりこのウィーン世紀末時代の、ベートーヴェンへのリスペクトはほんまにすごいんやな………。

 

 

 

と、このウィキ読んで、号泣してしまったヽ(;▽;)ノ

めっちゃいい!めっちゃいい曲!!!!好き!!!!!

 

 

てか

会場で、曲の背景を一切知らないで聴いてる私に

ちゃんと、只事ではない死の影を感じさせる演奏をしてくれたペトレンコ氏がすごすぎる!!!!

 

 

こんなん、後からなんぼでも書けるから信じてもらえないかもしれんけど、本当の話です(笑)

 

 

 

 

いやー、曲としては地味やし、絶対演奏難しいし、なかなか聴けないと思うので

ウィーンフィルソリスト達でこんなに素晴らしいものが聴けて、本当に良かった(>_<)

 

せっかく曲のエピソードを知ることができたし

知った上でまたどこかで聴きたい…メタモルフォーゼン………

 

こうやって、知ってることが増えていくのが

楽しくて仕方がないわ……!✨

 

 

 

 

 

ちなみにメインのブラ4も素晴らしかった。

 

この解釈が正しいかどうかはわからないけど

ブラ4って、こんなに静かな曲やったのかって思いました。

音量があっても、どこかに精神的な静けさがずっとちゃんとある。

 

 

 

すごく知的で上品で、大好きなタイプの演奏でした(*´꒳`*)

うん、知的で上品な演奏が好きだ……!

 

 

 

ペトレンコ氏を初めて聴いた時のプログラムは

メンデルスゾーンスコットランドやったんやけど

ななななななんていい曲なのメンデルスゾーン!!!!!!!

 

やったし

 

今回、リヒャルト・ブラームス が最高やったから

 

シューベルトとかブルックナーとかも聴いてみたいな〜〜〜

 

うわ、シューベルトのB-Dur(大好き)とか最高そうだな〜〜〜

だれかえらい人プログラミングして〜〜〜