すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

Kunsthaus Wien

ウィーンに住んで四年、まだ一度も行ったことのなかった

Kunsthaus Wien に行ってきました。

f:id:Klavier888:20191115120528j:image

Landstraße からだと、プラーター行きの0番のトラムで三駅、Radetzkyplatz下車、徒歩4分です。

Hundertwasser Hausを経由しながら歩いていくこともできる!

 

 

 

以前に何度か行った、Hundertwasser Haus。

f:id:Klavier888:20191115115604j:image

 

とはまた別の建物のKunsthaus Wien 。


f:id:Klavier888:20191115120524j:image

 

Kunsthaus もHundertwasser 設計だし、この2つは近くに建ってるのでごっちゃになってたんやけど

Hundertwasser Hausは外から建物を見るだけと、向かいのお土産通りを観光できるだけなのに対し

Kunsthaus は美術館なので中にはいれるし

こんなステキなカフェテラスも✨

f:id:Klavier888:20191115125230j:image
f:id:Klavier888:20191115125235j:image
f:id:Klavier888:20191115130926j:image
f:id:Klavier888:20191115125226j:image
まさに自然大好きフンデルトヴァッサーデザイン🌳

 

入場しますと

f:id:Klavier888:20191115125540j:image

 

水が流れる癒し空間✨
f:id:Klavier888:20191115125544j:image
f:id:Klavier888:20191115125532j:image

 

 

f:id:Klavier888:20191115125535j:image

フンデルトヴァッサーコレクションが2フロア、特別展用の部屋がたしかひと部屋ありました。

 

 

残念ながら撮影禁止なので写真がないけど

私はなかなか楽しめた!\( 'ω')/

 

かなり奇天烈な絵画ばっかり………

f:id:Klavier888:20191115131922p:image

なので、どうしても好き嫌いはあると思う⊂*1

 

 

 

各々の作品のタイトルは結構しっかりしてるので

「何を言いたかったんやろう…」と考えて鑑賞するもよし、

 

はたまた、考えることを放棄してボケーっと原色の世界に浸るもよし。

 

 

 

わけもわからず見てるうちに、「あ、なんかこれは好きかも」という作品に出会えてきたのも面白かったです(^ ^)

 

 

 

それから、Hundertwasser さん、日本でも大々的に展示会をしてたらしく

そのための作品には全て漢字でタイトルが描かれているのもびっくり😳

急に「日本人の絵か!?」ってなります。

サインもHundert とWasserで、和訳して【百水】と書いてある。

 

日本愛を感じられて嬉しい!!

 

 

ウィーン、他に優先して見なあかんものが多すぎるから(笑)、旅行プランにはなかなか組み込めないスポットかもしれないけど

ウィーン芸術の幅広さを感じる美術館としてめっちゃオススメやし

個人的には「わざわざ来たのにめっちゃしょぼいやん…」てことは……おそらくない!なかなか充実のコレクションやと思うので!

 

興味ある方は是非行ってみてください❤️

 

 

 

ちなみに私はこないだ、大阪にあるHundertwasser 設計のゴミ焼却場の前を通った\(^o^)/

f:id:Klavier888:20191115154218j:image
f:id:Klavier888:20191115154221j:image
f:id:Klavier888:20191115154214j:image

 

高速道路の出口を間違えたおかげで、初めて目の前を通れた怪我の功名でした\(^o^)/

*1:・⊥・

ショパンに想いを馳せて……🇵🇱ワルシャワ其の二

11月30日のコンチェルトのプロモーション企画←、ワルシャワ旅行編です!

 

ついにワルシャワショパン博物館へ✨

f:id:Klavier888:20191113235632j:image
f:id:Klavier888:20191113235625j:image

 

公式サイトから事前に時間予約ができました。

んで、この入り口の下にあるオフィスでチケット代を払い、カードをもらってから入館!

 

f:id:Klavier888:20191113235837j:image

 

 

まずは、比較的若い頃のショパンの様子を辿る展示。

 

タッチパネルで選択した曲を聴けるブース

f:id:Klavier888:20191114000410j:image

 

誰かがコンチェルト一番を流す度にビクッとして気が気でなかったわ(爆)

 

 

 

さっそく自筆譜の展示も!

 

これはなんと、革命の楽譜……!震
f:id:Klavier888:20191114000416j:image

すっっっっごい綺麗(OvO)これ見て弾けそう!

 

 

一番活動していた時のフロアには

 

ショパンが弾いていたピアノ…❤️

f:id:Klavier888:20191114001609j:image

 

女性関係含め、他の文化人との交流の展示が主で

ここはめちゃくちゃテンションが上がった(^ω^)

 

サロンに出入りしてた人達の似顔絵

ショパンの恋人・ジョルジュサンド作!
f:id:Klavier888:20191114001600j:image

 

 

いろんな人が書いたショパンの似顔絵
f:id:Klavier888:20191114001615j:image

 

これもサンドが描いたショパンの似顔絵

f:id:Klavier888:20191114002151j:image
f:id:Klavier888:20191114002159j:image

 

絵の展示が多いのは、サンド含め「ささっとスケッチなら嗜む程度に^ ^」というような ブルジョワな人達が

ショパンといっぱい交流してたからでしょうね。

 

 

ショパンがクララに宛てた手紙
f:id:Klavier888:20191114002155j:image

 

とか

 

左はベルリオーズからの手紙、右はリストからの手紙
f:id:Klavier888:20191114002204j:image
f:id:Klavier888:20191114002209j:image

 

など、ロマン派の音楽家さんたちもいっぱい登場してきて感動モノ(´;ω;`)❤️❤️❤️

 

 

エチュード10-4の楽譜も!!!!!!

f:id:Klavier888:20191114003258j:image

 

下手したら、受験のエチュードとしか思えなくなってしまいがちな10-4やけど

こうしてショパンの筆跡で見ると、「あぁ、作品や…」って思えた(T ^ T)✨

いつも自分に言い聞かせてることやけど、曲は教材じゃなくて作品ってことを忘れないようにしないとな…!

 

 

晩年コーナーでは

 

ショパンの死に際のベッドの脇のドライフラワー🥀

f:id:Klavier888:20191114004410j:image
f:id:Klavier888:20191114004414j:image

 

この、サンドが描いたショパン

f:id:Klavier888:20191114115705j:image

すごく美しい………(´-`).。oO

 

 

他にも、ショパンの旅先ごとの展示や、主要作品の自筆譜(普通にピアノ科してたら出会う曲はほぼ全てある!)

地下フロアでは、作品ジャンルごとに分けられた機械が何台もあり、ヘッドフォンで音楽を聴けたりと

大充実の博物館でしたっ!!!!

 

ウィーンにあるどの作曲家博物館と比べても段違いにすごい←

 

一時間ぐらいで見られるかなと思ってたけど、予想以上に興奮する展示が多くて全然時間足らず

後の待ち合わせ時間を遅らせてもらったぐらいヽ(;▽;)ノスミマセン

でもせっかくワルシャワまで来たから心ゆくまで見られて良かった!!!

 

すごくショパンを身近に感じられるようになった、本当にいい経験でした(^ ^)❤️

フリデリック・ショパンという人間の存在を認識できた…✨

 

 

 

 

その後は、博物館近くの巨大オブジェの横を通って
f:id:Klavier888:20191114115720j:image

友達と合流🌼し

 

ショパン国際ピアノコンクールの会場、国立ワルシャワフィルハーモニーを見に行くヽ(〃v〃)ノ
f:id:Klavier888:20191114115638j:image
f:id:Klavier888:20191114115730j:image
f:id:Klavier888:20191114115642j:image

2020年はショパコン開催年🌟

ここでまた新たなスターが誕生すると思うと胸が踊る♫

 

 

 

有名?な鍵盤の横断歩道♫を見に行ったり
f:id:Klavier888:20191114115712j:image
f:id:Klavier888:20191114115653j:image

 

可愛い可愛いポーランド食器のお店に連れてってもらったり
f:id:Klavier888:20191114115658j:image
f:id:Klavier888:20191114115648j:image
f:id:Klavier888:20191114115726j:image

 

一泊とは思えない充実のワルシャワ旅でございました\(^o^)/

楽しかった〜〜〜❣️

 

コンチェルトに取り組むこのタイミングで、ショパンゆかりの地、ワルシャワに(パリもやな!)縁があって行けたこと、本当に運命って思った\(^o^)/

 

 

 

 

そんな、気合十分❤️愛情十分❤️で演奏させていただく

神戸フィルハーモニック 第79回定期演奏会👇

 

f:id:Klavier888:20191114122720j:image

 

2019年11月30日 14時開演

神戸文化ホール 大ホール

チケット: 一般前売り2,500円 大学生以下1,000円

 

私は、ショパン作曲 ピアノ協奏曲第1番ホ短調 作品11 をソリストとして演奏します。

どうそ皆さまお誘い合わせの上、ご来場ください!!

 

 

 

ちなみに☆

 

現在、兵庫県立美術館では

ショパンー200年の肖像 展が開催されてます😳

https://chopin-exhibition.jp

 

今回紹介したワルシャワショパン博物館にある絵や自筆譜や手紙が、なんと今なら兵庫で見られるよ😭✨✨

なんなん!神戸近郊でショパンがアツいな!!!!

 

 

展覧会は11月24日(日)までなのでご注意!

 

この展覧会に行ってショパンを身近に感じていただき、ショパン愛を深めていただくと

30日(土)はあなたもきっとコンチェルトが聴きたくなる!!(?)

 

私も神戸ショパン展はまだ行けてないので、必ず行く!

 

 

 

露骨な宣伝になっておりますが😅

もしご興味持っていただけた方がいらっしゃったら幸いです……💓会場でたくさんの方にお会いしたい💓

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ショパンに想いを馳せて……🇵🇱ワルシャワ其の一

以前よりお知らせしておりました、ショパン のピアノ協奏曲 第1番

の公演まで、残り2週間と少しとなりました(・∀・)

 

 

 

楽譜を読み込むごとに新しい発見があって

ショパンすごいわ…!」って感嘆の声を上げずにはいられん毎日。

 

書かれてる指示があまりにも細かく丁寧な分だけあって、ちゃんと守って弾くとキレイに色がつく(°_°)

 

 

あとさらにすごいのが、人間の手にとって弾いていて無理がない!!!

なるほど、これが、ピアニストがショパンを好む理由なんやなってめっちゃ思いました(°_°)

 

ここ数年、無理ありまくり、無茶させまくりのベートーヴェンや、ブラームス・リスト(はまだ練習すれば弾けるように書かれてるけど) を重点的に弾いてたから

久々のショパンの音形に手が喜んでいる(笑)

 

逆に言えば、弾けないってことはそこを弾くために必要なテクニックが欠落してるってことが丸裸になってしまう……!

 

いやーそりゃショパンエチュードやらされるはずやわ。

 

受け売りとしてというか、一般的に言われることやけど

自分の実体験としてこんなに感じられたのは初めてで感動!

 

 

そういう視点でショパンの作品を見るの👀が初めてで

とにかく私にとって、ショパンを見る目が変わった作品です!!!

 

 

本当にたっくさんの方に聴いていただきたいコンチェルトです!早くオケと弾きたくてうずうず!

 

f:id:Klavier888:20191113140621j:imagef:id:Klavier888:20191113140625j:image

 

チケットのご入用は

hara.ticket@gmail.com

まで

お名前、枚数(一般or学生 それぞれ)、送付先のご住所

をお知らせください。

折り返し、代金の振込先情報などを送らせていただきます。

♡皆様のお越しをお待ちしております♡

 

 

 

 

さて!!!!そんなショパンに想いを馳せるために!!!

 

ワルシャワへ行ってきました💖💖💖

 

 

 

今、思い出をたどりながら自分自身のショパンへの気持ちをより高めつつ

読者の皆様にも「ショパン聴きたい♡」って興味を持ってもらおうという

プロモーション作戦なのだ!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ふぇーい

 

 

ちょうど2ヶ月前のことですが!いきます!

 

 

 

一日目は旧市街周辺を散策

 

さっそくショパンの心臓が置いてある、聖十字架教会⛪️へ。

f:id:Klavier888:20191113143112j:image
f:id:Klavier888:20191113143059j:image

 

 

39歳の若さで生涯を閉じたあと、亡骸はパリの墓地に、心臓は姉に連れられてこの教会へ……


f:id:Klavier888:20191113143118j:image
f:id:Klavier888:20191113143108j:image

20歳で祖国を離れてから、一度もポーランドへ戻ることはなかったショパンやけれども

彼の音楽はポーランドへの愛情と敬意に満ちている(´-`).。oO

 

 

粛々としたムード漂う、良い教会やった!
f:id:Klavier888:20191113143104j:image

 

 

粛々としてない写真
f:id:Klavier888:20191113143055j:image

 

 

旧市街の道にある、このベンチ。

f:id:Klavier888:20191113144836j:image

 

は、名物のショパンの作品が流れるベンチ(*^▽^*)

右下のボタンを押すと、それぞれ決まったピアノ曲が流れてくるので

全脚(曲)制覇も楽しいかも!

 

それにしてもワルシャワショパン推しすぎ。

まず空港の名前からして、ワルシャワショパン空港やもんね……すごいわ………

 

 

教会前の道をまーっすぐ行くと、旧王宮前の広場へ到着!

f:id:Klavier888:20191113171007j:image
f:id:Klavier888:20191113171137j:image

 

こう見ると町の色合いが民族色強いし

ブロックを並べたみたいでかわいい💕

 

f:id:Klavier888:20191113171512j:image

 

旧市街広場のシンボル、人魚像🧜‍♀️
f:id:Klavier888:20191113171508j:image
f:id:Klavier888:20191113171516j:image

 

 

さらに歴史地区を歩いて行くと、城壁 バルバカンへ

 

f:id:Klavier888:20191113172653j:image
f:id:Klavier888:20191113172729j:image
f:id:Klavier888:20191113172713j:image
f:id:Klavier888:20191113172647j:image
f:id:Klavier888:20191113172700j:image

 

ワルシャワの歴史地区、一度戦争でボロボロに破壊されてしまったのに

戦後、市民が一丸となって復興に精を出し、壊滅前の姿をめちゃくちゃ忠実に再現したってところに価値があって、今は世界遺産だそうです。

 

新しい建物って言われてもピンとこないぐらい、町並みも城壁の重厚さも、普通に歴史の重みを感じるように見えるもん(°_°)

 

 

けど

銃を持った少年の像
f:id:Klavier888:20191113172734j:image

 

なんかもあり、一度戦争でなくなった町だということを思い出させてくれます……

 

 

お洒落な時計💖
f:id:Klavier888:20191113172703j:image

 

 

お待ちかねの晩ご飯は、新市街地の方へ移動し

バルでパエリア〜〜〜🦐🐚🦑❤️
f:id:Klavier888:20191113172739j:image

 

 

のあと、倉庫?を改造して作られたイケてる夜遊びスポット……!
f:id:Klavier888:20191113172720j:image

そんなんあるんだワルシャワ!!!

 

 

友達の家にお邪魔して深夜までしこたま飲みまして🍾(ほんとに邪魔だったと思うわ😭爆)

 

ワルシャワナイトを満喫いたしました🌙

 

……全然全く1ミリも、ノクターンな夜ではないな(爆)

 

 

 

翌朝はお洒落なカフェで朝ごはんから✨

f:id:Klavier888:20191113174818j:image
f:id:Klavier888:20191113174814j:image

実際は二日酔いを無理やり醒ますのに必死やったけど😵

 

 

お昼はお待ちかねの………

🇵🇱ポーランド料理🇵🇱

 

モダンさとレトロさをミックスさせた、めっちゃかわいいお店に連れてってもらった❤️

 

酸味のアクセントが特徴的な

ジュレックスープ
f:id:Klavier888:20191113174827j:image

 

東欧版餃子

ピエロギ
f:id:Klavier888:20191113174822j:image

 

 

ポーランド料理、素朴な味でヘルシーでとても美味しかった(((o(*゚▽゚*)o)))

 

肉肉しかったり、チーズチーズしかったり、芋芋しかったりしないヨーロッパの郷土料理、良き。

 

 

 

お次はいよいよ今回の旅のメイン

ショパン博物館です!!!

ブラームスファンの聖地 ペルチャッハへ

突然ですが!というかもう何度も書いていますが!

私はブラームスが大好きです\(^o^)/

一番好きな作曲家は誰ですか?と訊かれたら、とりあえずブラームスと答えています。

 

 

ブラームスファンなら、必ず一度は耳にするペルチャッハという地名。

ウィーンの南西に位置する、ヴェルター湖という湖に面した町で

ここでブラームスは、ヴァイオリン協奏曲やシンフォニー2番を書きました。

 

ちなみにマーラーヴェルター湖のほとりに作曲小屋を建て、シンフォニー5〜8番や歌曲を書いたという………

 

 

 

いや、ね、

 

なんつーパワースポット!!!

名曲生まれすぎやろ!!!!!

 

もー日本にいる時から、ブラームスヴァイオリン協奏曲・2番と来たら

ニ長調】で【ペルチャッハ】で【湖のほとり】で【夏の休暇】で…ってのが曲目解説の定番中の定番やから

その単語達はもう幾度となく目にしてきたわけ。

他に解説のネタ無いんかい!!!(いや無いか。やっぱ避けては通れないか。)

 

そんなわけで、ペルチャッハというと私の中では

もうヴァルハラ(ワーグナーニーベルングの指環の城)みたいな存在になっていて

 

ペルチャッハってほんまにあるん? ないやろ。ないない。

 

という感覚にさえなっていた。(爆)

 

 

しかし、オーストリアブラームスの名を冠したコンクールがあり

その開催地がなんとペルチャッハではないか!!!

 

え?ペルチャッハ行けるの?

あの!伝説の地!ペルチャッハに行けるの!?!?!?

行くう!!!!!!\(//∇//)\

 

 

……と、また毎度のごとくコンクールにかこつけて、聖地ペルチャッハへ行ってきました✨✨✨

 

 

ウィーンから電車で4〜5時間ぐらい。

ブラームスもウィーンからこの道を通ってペルチャッハへ向かってたんかなぁとか思うと

胸が踊りました…!

 

町自体はほんとに小さくてこじんまりとしてたけど

のんびり休暇を過ごすために来てる人はたくさんいた!

 

ひとりで湖を眺めながら聴いたクライバーのブラ2は忘れられない・・・♡

f:id:Klavier888:20191109131350j:image
f:id:Klavier888:20191109131336j:image
f:id:Klavier888:20191109131339j:image
f:id:Klavier888:20191109131347j:image
f:id:Klavier888:20191109131343j:image
f:id:Klavier888:20191109131356j:image

 

ダブル虹も出てたし
f:id:Klavier888:20191109131353j:image
f:id:Klavier888:20191109131359j:image

 

 

コンクール終了後にコンテスタント達で丘の上の教会で見た満天の星空も

とってもステキな思い出です✨

流れ星がビュンビュン飛ぶの!(*´꒳`*)

 

 

肝心のコンクールの方は、自分にプレッシャーを与えすぎてしまい、思うような結果が出せなくてそれはそれはもうすごく悲しかったけど

生まれて初めて、本気で自分を見つめ直すいい機会になりました。

ほんとにどうしようかなというぐらい落ち込んで悩んだけど

今はもう幸せな気持ちでピアノに向かえています(*^ω^*)

 

 

パリもそうやったけど

何かしら新しい感情が生まれたり

アイデンティティを見つめ直したり

曲がったり歪んだりしていた気持ちを真っ直ぐに戻すことができたり

 

と、どこかに行って、気持ちの整理をする時間ってめっちゃいいね!

 

 

ブラームスゆかりの地で自分ととことん向き合えた、すごく大事な思い出になりました。

コンクールもまた頑張る……!

パリ🇫🇷はらゆりカンタービレ🇫🇷終楽章

シテ島に到着♫

 

シテ島シテ島言われても、パリIQ3の私からしたら

島?パリにしまがあるの???船で行くの???

って感じ(まじ)やったんですが😂

 

たしかに形としてはセーヌ川に浮かぶ島やけど

パリの中のそういう地区って感じね。

 

f:id:Klavier888:20191107004245j:image

f:id:Klavier888:20191107004249j:image

決してリゾートではない。リゾートやと思っていた。

 

 

 

ゆかこ氏オススメの、サントシャペルへ。

 

 

f:id:Klavier888:20191107004436j:image
f:id:Klavier888:20191107004443j:image
f:id:Klavier888:20191107004400j:image

 

入ると思ったよりエキゾチックな空間。

キレイはキレイやけど、なんでここがそんなに有名なの???

 

………と思いつつ階段を上ると………

 

 

 

くー「え、ヤバイ。」

 

f:id:Klavier888:20191107010006j:image
f:id:Klavier888:20191107010114j:image
f:id:Klavier888:20191107010057j:image

 

内壁一面のステンドグラス……🥺✨✨✨

 


f:id:Klavier888:20191107010106j:image
f:id:Klavier888:20191107005948j:image

f:id:Klavier888:20191107013433j:image

 

 

ゆかこ「絶対ここは2人に見て欲しかったの😊」

 

いやほんまにこれて良かった😭❤️

 

凱旋門エッフェル塔よりも、ここのステンドグラスの方がフランス音楽っぽいと思った(^ ^)

 

f:id:Klavier888:20191107013314j:image

 

 

教会を後にし、向かったのはノートルダム聖堂。

f:id:Klavier888:20191107013616j:image
f:id:Klavier888:20191107013621j:image

 

燃える前は、真ん中に塔があった(;_;)

 

先日は首里城も燃えてしまったり、諸行無常ですね。。。

 

いつか元の姿のノートルダムを見られますように!

 

 

で、もうこのあたりで疲れがピークすぎてげっそりしてきたのでアイスで休憩したのち

 

最後に気合いで向かうは

 

f:id:Klavier888:20191107014019j:image

 

ルーブル美術館
f:id:Klavier888:20191107014027j:image
f:id:Klavier888:20191107014023j:image

 

外から見ただけでも広大なのがわかる!!!

今回は残念ながら中に入る時間はとてもじゃないけどなかったので……また来たい。

 

大好きな大好きな、ダヴィッドのナポレオンの戴冠式を見なければいけない!!!

 

といっても次いつ来られるかなんかわからないので

やらなあかんやつは出来るうちにやっておく

f:id:Klavier888:20191107014340j:image

 

 


f:id:Klavier888:20191107014015j:image
f:id:Klavier888:20191107014031j:image

 

 

 

これにてパリ観光は終了\(^o^)/

 

じっくりではないけど、パリのだいたいは全部見た感じ\(^o^)/

 

この後はスーパーでお土産の買い物をしたり、くーちゃんを夜行バスに乗せたり(バス乗り場に迷って大変なことになったり 笑)し、

 

今日も泊まらせてもらうおうちへ。

急な一泊延長やったのに快く泊めてくれてありがたかった🙇‍♀️

翌朝は4時頃起きまして(T_T)、無事ウィーンへと帰れたのでしたっ!!!!!

 

 

あー本当に来られて良かったパリ旅だった。

 

 

ピアノ関係ない完全プライベートの旅行は珍しいので

とにかく気持ちがリラックスできたし(身体はハードスケジュールでむっちゃ疲れたけど 笑)

とてもとても前向きになれた時間だった。

 

 

私たちの年頃は、人によって環境がどんどん変わる時期で

結婚したい子・する子もいれば、もう子育てしてる子もいるし

はたまた仕事に忙殺されてる子もいて

 

そんな中私たちといえば・・・・

ようやく学生終わるか終わらんか、なんならまだ学生するか?というような段階で

学生を終わったとしても安定した仕事が待ってるわけでもなく

未だに「暗譜ができない」とか「リサイタルのプログラムが」とか「舞台で緊張したら弾けなくなった」みたいなことで、まじで吐くほど真剣に悩んでいる・・・・笑

 

 

結婚のプレッシャーもないわけではないけど

今は全然考えてる暇もなくて

むしろ考えてないことに焦っている・・・・・

 

 

 

という、若干世間一般の枠から外れている人達なんだけど

 

音楽・仕事・恋愛、どんな話をしても、結局は

「ま、人それぞれいろんな形があるよな!!」

という、非常にヨーロッパナイズな答えにたどり着けるのがとても安心でした。

みんな同じ気持ちで生きているのがわかっただけでもすごく嬉しかった☺️

 

しなやかでたくましくて優しい2人といっぱい深い話ができて

キラキラを身につけることができたパリ旅でございました。

ピアノを続ける以上は、出来るだけキラキラして夢を持って生きていたい!!!

 

 

 

パリはいつか絶対もう一回来よう。

今はがむしゃら早足旅やったけど

次に来た時はもうちょっとゆっくり歩けるようになってるといいなぁ。

その時に、今回のことを思い出したい(*^_^*)

 

 

 

長いパリ編、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました🇫🇷❤️

 

パリ🇫🇷はらゆりカンタービレ🇫🇷第三楽章

フランスの治安の悪さを目の当たりにし、いきなり緊張モードになってしまった私たち一行。

 

だけど、地下鉄を降り、地上への階段を上るとそこには……

 

f:id:Klavier888:20191106014128j:image

 

凱 ☆ 旋 ☆ 門

 

急に何!?!?Σ('◉⌓◉’)って感じで、都会のど真ん中にでかでかと現れるインパクトといったら!!

 

無事にテンションは上がり、再び騒ぐ我々(笑)

f:id:Klavier888:20191106015233j:image

f:id:Klavier888:20191106015237j:image

 

そして、凱旋門からまっすぐ伸びる通りは………

でました!

f:id:Klavier888:20191106015551j:image

シャンゼリゼ通り☆

 

うわ〜なんかすごいところにいるよう😍😍😍

f:id:Klavier888:20191106171926j:image

 

その後ランチを食べまして💓
f:id:Klavier888:20191106171936j:image

f:id:Klavier888:20191106174013j:image

 

トコトコ歩いて到着しますは、いよいよ………

 


f:id:Klavier888:20191106171929j:image

 

わ〜!!!!!!!!

 

エッフェル塔

 

こりゃまたすごいインパクトで

急に現れる!!!😍😍😍😍😍


f:id:Klavier888:20191106171939j:image
f:id:Klavier888:20191106171932j:image

 

なんなんこれーーー!!!!!

パリモチーフのファンシーグッズに描かれるエッフェル塔のイメージやと

もっと繊細でラブリーな感じやと思ってたんやけど

実際近くで見ると、すっごく雄大で力強くて

イメージががらっと変わった😳✨✨✨

 

なんかでも、パリに来たぞぉぉぉって感じ❤️

 

 

騒ぐwwww

f:id:Klavier888:20191106173002j:image

f:id:Klavier888:20191106173005j:image

f:id:Klavier888:20191106173012j:image

 

浮かれまくってる私たちを見た現地の人に

「サイフ気ぃつけや」って注意されたwww

そういえばそうやったwwwwww

 

 

 

そしてセーヌ川沿いをお散歩🚶‍♀️

 

f:id:Klavier888:20191106174250j:image

 

↓こうして見るとまた全然違うエッフェル塔のイメージ💕
f:id:Klavier888:20191106174240j:image

 

 

アレクサンドル三世橋
f:id:Klavier888:20191106174235j:image
f:id:Klavier888:20191106174247j:image
f:id:Klavier888:20191106174242j:image

f:id:Klavier888:20191106175310j:image

 

 

しかし、川沿い、かーなり歩いた。

路面に古本屋さんとかもでてて楽しく歩けるけど

さすがに疲れたので

 

コンコルド広場

f:id:Klavier888:20191106204940j:image

の前からバスに乗り

 

 

次はシテ島へ!

パリ🇫🇷はらゆりカンタービレ🇫🇷第二楽章

ようやくパリ観光編や〜!\(^o^)/

 

真夏にも関わらずいい感じに涼しくて

私たちを祝福してくれているかのような✨素晴らしいお天気でした。

 

もう心の底から思う!二泊にしてよかった(T_T)

一日目が天気悪かったから特に!!!!

 

 

まずはモンマルトルの丘。

f:id:Klavier888:20191029181058j:image
f:id:Klavier888:20191029181108j:image
この憑き物の落ちたような、幸せそうな顔よ!

 

 

f:id:Klavier888:20191029213802j:image

※顔隠し作業も楽しくなってきております

 

サクレクール寺院

f:id:Klavier888:20191101191013j:image

 

パリの街並みを一望✨✨✨
f:id:Klavier888:20191101191017j:image

 

教会の中見学は長蛇の列だったので断念。。。

 

似顔絵描きますよ勧誘をかわしながら(描いてもらってもよかったけど🤣)歩いて行くと

画家さんたちが絵を売る一角に到着❤️

さすが芸術家の街モンマルトル😍❤️

 

 

f:id:Klavier888:20191101191732j:image
f:id:Klavier888:20191101191715j:image

 

その場で描いてるアーティストさんもいるんだけど
f:id:Klavier888:20191101191721j:image
f:id:Klavier888:20191101191711j:image

 

何がすごいって、その人の画風ってアーティストとめっちゃ似てる。あぁ、この絵はそらこの人が描くわな!って感じ。

だって、↑ワンピのお姉さんはまさにこのファンタジーなタッチの絵を描いてそうやし

帽子のマダムはまさにこの紅葉のような色彩のパリの街並みを描いてそうでしょ?

 

やっぱり作品って、生んだ人のキャラクターがそのまんま出るものなのね。

きっと音楽も一緒なんやろうなぁ。

 

ピカソゴッホルノワールドガロートレック

錚々たる芸術家たちがこの地で活動してたってのも

すごくパワーをもらえました!

 

f:id:Klavier888:20191103101753j:image

記念に買う絵を吟味中のくーちゃん。

 

ここから歴史に残るすごいアーティストが生まれるかもしれない!夢があるね〜✨

 

 

 

アメリにでてくるという果物屋さんなんかを見つつ

f:id:Klavier888:20191103101745j:image

アメリ見たことない………

 

 

インスタ映えスポット必至の

❤️アムールの壁❤️
f:id:Klavier888:20191103101740j:image
f:id:Klavier888:20191103101750j:image
f:id:Klavier888:20191103101801j:image

 

世界中の言葉で、愛してると描いてある!


f:id:Klavier888:20191103101757j:image

 

こんなところにいけるのも

在住者の案内あってこそ💕

ゆかこありがとう💕

 

 

モンマルトル、めっちゃ好きだった(*^_^*)

 

次はいよいよ凱旋門へ向かうべく

るん♫るん♫で地下鉄の階段を降りていたら……

 

 

ゆかこ「カバン気をつけて!!⚡️」

 

はら・くー「ヒャイッ!?:(;゙゚'ω゚'):」

 

ゆかこ「今、後ろにいる2人組にリュックのチャック開けられた!!!」

 

 

えぇーーーっ((((;゚Д゚)))))))

 

 

すぐさまカバンを抱っこしながら、走って階段を下りるっ!!!

後ろを振り返ったら、浅黒い肌系の女の子2人組!!!!

「あーあ、しっぱーい( ̄∇ ̄)」

みたいな顔しとるがな!!!!!!!

 

これが噂に聞く、治安の悪いパリ!?

いきなり洗礼!?!?

 

 

 

怖かったなぁ……って話しつつ、ひやひやしたまま、ホームに入ってきた地下鉄に乗ろうと

 

列車のドアが開いた………

 

と思ったら!!!

 

中から降りてきた人がドカンっ⚡️とぶつかってきて

 

なにっ!?(*_*)

 

と思う間もなく、電車の中から響くは人の怒号「○#*☆〒〜!!!!!!」と

ぶつかっていった人の連れが、中から服を引っ張られている(*_*)

 

なに?なにが起きてるの!?!?

 

全然状況把握できてないけど

ゆかこの「早く乗って!」の声に従い、騒然としている車内へ乗車。

 

ドアが閉まる直前、服を引っ張られてた人が「ちっ(-_-)」と

財布を車内に投げ入れ、外へ逃げていった。。。。

電車発車。。。

 

 

どうやら、車内にいたスリグループが乗客の財布をとって降りていこうとしたところを

周りにいた人が気付き、捕まえろ!!となり

犯人が諦めて財布を返して逃げたらしい。。。

 

 

 

 

 

(´⊙ω⊙`)

 

 

パリ怖い・・・・・(´⊙ω⊙`)

 

 

もちろん、治安悪いよって話として聞いてはいたけど

まさか!ほんの5分の間に、2組のスリと接触するなんて・・・・・!!!!!!

本当に気を引き締めてないと、外歩かれへんやん!!!!!

 

 

あまりの衝撃に茫然自失。

真顔・無言・チーン(´⊙ω⊙`)

というテンションになってしまいました。

 

さっきモンマルトルで充電したハッピーオーラが

一瞬にしてなくなってしまったよ。

 

 

怖かった………

パリは、まじで気をつけすぎるぐらいでちょうどいいのかもしれません。

でも2件ともなんとか未遂で終わって本当に良かったよ………

 

 

これもある意味パリらしい貴重な経験でした(T_T)思い出思い出………