すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

証明写真機

駅でよく見かける、証明写真撮影機。

 

ビザの申請・更新や、年間交通チケットなど

何かにつけて写真が必要なので

ウィーンに来てから何度か利用していました。

 

6ユーロで、気にいるまで3回撮り直し可能です。日本と似てる!

 

 

 

 

が、この度新たに知ったことがあったので書き記しておく!

 

 

 

こないだ日曜日の19時頃、写真を撮りにボックスにはいったのですが

 

f:id:Klavier888:20190321054823j:image

 

この手元の画面をタッチしても、全く反応しない………。

 

その駅で二ヶ所と、別の駅で途中下車してまでわりと格闘したけど

どこも反応しない…………。

 

 

今までそんなことなかったのに!

でも三ヶ所も同時に故障なわけないし………なんで………?

 

と、その日は諦めて帰ったのですが

 

 

翌朝、同じボックスに入ってみると………

 

!!!!!


f:id:Klavier888:20190321060546j:image

 

 

モニターがなくなって

ボタンが現れている!!!!!

 

そして、撮れました。

タッチパネルじゃなく、ボタン操作やった。笑

 

何回も利用してるけどよく覚えてないし

なんならタッチパネル式にバージョンアップしてても不思議はないかと……

 

 

つまり、日曜日や夜の時間帯は

写真撮れないようになってるってこと……?

そのためにわざわざ毎日ボタンを隠す&開けるお仕事をしてる人がいてるってこと………??

 

なんで???イタズラ防止????

 

 

 

今まで撮ったのが、たまたま平日や夜以外やったらしく

撮れない時間帯がいつなのか、場所・機械によって違うのかなどは、はっきりわかりかねますが

 

少なくとも、日曜日の19時と、月曜日の21時は撮れなくて

月曜日の朝9時は、撮れました。

 

しかし、いつでも撮れないって、スピード写真機としての価値半減な気がするけど……笑

 

 

 

ちなみに、ビザの申請・更新に必要な証明写真は

半年以内に撮ったものだとわかる日付が入ってないと受理されないので

機械で撮った場合は、写真を切り取らずにそのまま持っていきましょう☝️