すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

アムシュタインホーフ教会

かねてより、クラシック音楽含め、ウィーン世紀末芸術全般にとても興味があって大好きな私。

 

 

今年2018年は、シーレ、クリムト、そして建築家オットーワーグナー没後100年イヤーです。

 

 

 

絵画の方は今までも結構鑑賞してたんやけど、最近ユーゲントシュティール建築の方へも目が向き

 

巨匠オットーワーグナーの代表作、アムシュタインホーフ教会へと行ってきました👼

ずっと行きたかったのー✨✨✨

 

 

 

 

Volkstheater 駅のリングから出てる48Aのバスに乗り

終点の1つ手前 Otto-Wagner-Spital で降車🚍

乗車時間30分ほど🚍

 

 

 

 

バス停を降りた車線側すぐの門をくぐり、坂道を登ります。

 

f:id:Klavier888:20180626004927j:image

Kirche の矢印に向かって上まで。まぁ一本道なので簡単。

 

f:id:Klavier888:20180626005033j:image

でも結構急。

 

 

 

5分ぐらい登ると突如…

 

 

 

!!!


f:id:Klavier888:20180626005026j:image

 

 

 

 

 

f:id:Klavier888:20180626005426j:image

f:id:Klavier888:20180626005523j:image

 

 

この、異次元空間、たまらん………突然こんなところに素敵だよね。

当時の人々はそれはそれはおったまげたやろうなぁ……

 

 

 

 

土曜日の15〜17時

日曜日の12〜16時しか開館してないんやけど

 

f:id:Klavier888:20180626005921j:image

 

土曜日は15時からのツアーが終わるまでは中に入れなかったので

16時まで外で待ちました。

 

 

 

で、いよいよ中へ!

 

入り口で、一般 5ユーロ、学生3ユーロを支払い。

(ツアーはもうちょっと高い。)

 

 

 

f:id:Klavier888:20180626010341j:image

 

ふぉぉああぁぁぁぁおん(*´◒`*)💕

 

 

白亜と金がうつくしい……

ここはどこ?っていう世界……

ちょっと怖い、天国のようです。

 

 

 

 

f:id:Klavier888:20180626010719j:image
f:id:Klavier888:20180626010732j:image
f:id:Klavier888:20180626010727j:image
f:id:Klavier888:20180626010713j:image

 

 

 

実はここ、19世紀末当時のヨーロッパ最大規模の精神病院の敷地で

この教会は精神病患者のための礼拝堂。

 

 

 

 

なので、完成した教会を見て、あるオーストリアの州議員は

 

「運命の神の美しき皮肉ではなかろうか。ウィーンで最初の分離派様式のまともな建物が、まともじゃない人々のために建てられたなんて。」

 

という感想を述べたらしい。

 

 

 

なんという(T_T)✨✨✨✨✨✨✨

こういうの大好きだ(T_T)✨✨✨✨✨✨✨

ありがとうございます(T_T)✨✨✨✨✨✨✨✨✨←?

 

 

 

 

 

ハプスブルク帝国の崩壊の中

なんとか輝こうとする、頽廃的・刹那的な美。

 

ウィーン分離派作品を見ると(もしくは同時代のものを聴くと)

生きる、もしくは、死ぬ、っていうことに対するとてつもないエネルギーやロマンを感じて

心臓がふるふるします。

 

 

 

 

 

 

あーーーーーーーーーーーーーーー

そういう系がこんなにも好きなピアノ科は

一体何を弾けばいいんですかね?ヽ(;▽;)ノ

こういうのを生かせる曲はないのかね?ヽ(;▽;)ノ

 

 

ベルクのソナタ??ヽ(;▽;)ノ←最近周りの人がやたら弾いてるから浮かんだだけ(笑)すこぶる好きだけど(笑)

 

 

 

 

という、週末遠足でした♪( ´▽`)

 

 

 

ちなみに、先週水木と30度超えを達成したウィーンですが

金曜日から最高気温20度。朝晩11度ぐらい(笑)

半袖にダウンを着ています(笑)

 

気温差しんどいよーーーーーーーー