すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

国立オペラ座 新ドレスコード問題…!?

久々にStaatsoper へ行きました😊

 

 

 

いつものように立ち見で

開演2時間前から並んだら(ギリギリ屋内入れたとこぐらいだった)

 

前に並んでた男性観光客が、制服のお兄さんと何やら言いあいをしている…

 

 

 

英語を聞いてみると

 

「その足首の見えたジーンズでは入場できません。」

 

と言われているではないか……😨

 

 

ええっ!?

そんなルール今までにあった!?

座席ならともかく、立ち見よ!?!?

 

 

 

観光客カップルも応戦していたけど

 

最終的に

 

「ケルントナーで別のズボンを買って着替えて来てください。」

 

と言われ、本当に退場させられていた……😨😨😨

 

なんてこったい!!!

 

 

その後も同じように退場させられてる人が何人か………(´⊙ω⊙`)

 

 

 

でもね、その退場させられる基準というのが謎で

 

とりあえず

 

男性の

半ズボン

ロールアップとかで足首の見えているデニム

 

は極めてアウトそう。

 

 

 

でも、同じような感じでも

 

足首は見えているが素材がデニムじゃない

ロールアップしてても靴下で足首が隠れている

ズボンは10分丈で裸足にサンダル

 

 

はどうやら大丈夫そう…。えー。

 

 

 

こっちから見てたら

ビーサンとか

浮浪者みたいなぐじゃぐじゃの上下の汚いおじいさんとか

ぺらぺらりんのリゾートワンピみたいなおばさんとか

そっちを追い出すべきなんじゃないだろうかと思うんやけど…(´⊙ω⊙`)

 

 

 

女性はとりあえずスカートさえはいていれば

スニーカーだろうとサンダルだろうとお咎めなしでした。

 

でもデニムのスカートとか

女性の短パンとか

 

これからどんどん暑くなって大量発生する

「尻見えてません?」レベルの短いショートパンツのおねいさんとか

 

みんなしめだされるんかな…?

 

女性のショートパンツはカジュアルすぎるのでさすがにやめましょう、てのは今までも見たことあるけど

白い目で見られる程度で、実際にしめだされるの見たことはない………(; ̄ェ ̄)

 

 

 

セーフとアウトの境目が今のところ微妙すぎるので

今後も観察していきたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 

これからオペラ鑑賞に来られる予定のある方は

ちょっとお気をつけください(><)

 

 

せっかくのオペラ座やし

テンション上げるためのマナーとして

少しだけフォーマルな格好がいいかも(*⁰▿⁰*)

 

 

 

 

さて、この日はロッシーニセヴィリアの理髪師を観ました💈✂️

 

 

留学前に2週間ほどウィーンに滞在した時にも観た演目やったんやけど、全然内容覚えてないどころか

 

 

幕が開く前

「セヴィリアの序曲ってどんなんやっけなー。

知ってるアリアは『フィガロフィガロフィーガーロー』ぐらいやからそれは楽しみにしーとこっと。」

 

 

 

とか思ってた!ら!!!!

 

 

序曲は、高校の時の音楽科の定期演奏会でオケの子達がやった曲で

みんなが練習してるのずっと聴いてたし、本番のDVDも死ぬほど観たし

私、これ指揮できるんちゃう?(できませんよ)ってぐらい

よくよーーーーーーーく知ってる曲だった。

 

 

ウワァァァァって、瞬間的に38.5℃ぐらい熱でた(笑)

 

 

 

忘れてた……あれがセヴィリアの曲やったということを…………

 

 

 

 

さらにロジーナのアリアも、何度も伴奏弾いたことある曲だった。

 

 

忘れてた……あれがセヴィリアの曲やったということを…………

 

 

 

と、自分の記憶フォルダの過去のものがどんどん消えていってることに大ショックを受けたけど(ToT)(ToT)(ToT)

 

 

 

この日のフィガロのアリアがもう最っっ高で

ブラボーブラボーブラビッシモやったので

良しとしました\(^o^)/♡

 

 

フィガロもバルトロもめっちゃ上手で

 

昔観た時の出演者を調べたら(自分で撮った写真残ってた!)、今回と総入れ替えやったし

その時のよりも絶対に良かったんやと思う…!

 

 

これはさすがに記憶に残るであろう😊

 

 

めっちゃ笑えて拍手喝采で、楽しかったです!

 

 

 

f:id:Klavier888:20180506013750j:image

オペラ座の一番上のテラスにて🎵