すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

シューベルト☃️3つのピアノ曲

ベートーヴェンに引き続き、シューベルト

 

3つのピアノ曲D946は

演奏会や試験でよく聴いたとか、 誰々が弾いてたとかでもないにもかかわらず

門下の子が弾いてるのをほぼ初めて聴いた時に

「なんかこの曲めっちゃ知ってる!」「私もこれ弾こ!」って

体にスッと入ってきた曲です。

 

 

でも結局弾いてて全然スッとは入ってこなくて苦労😨

 

なんか、シューベルトは曲の鮮度が高すぎて

今日いい感じに弾けてても、次の日ガッタガタになりやすい……。

 

その場でどれだけ作れるか、みたいなところがあって怖いです……。

 

 

雰囲気にふっとはいれたら弾きやすいんやけどなぁ…。

 

 

この曲は、シューベルトの生前は出版されなくて

シューベルトの死後40年経って、ブラームスが遺稿の中から三曲をまとめて出版しました…!!

そゆの聞くと燃える!!!!!!!!!

 

 

 

 

一曲目の、ドラマ性

(私は勝手に、雪の中とか、あったかい楽園とか

とても温度を感じる)

 

二曲目の、現世を超えたところから聞こえてくるような歌

 

三曲目の、疾走感

 

それぞれにキャラの違いはあれども

歌曲の王シューベルトの心に響いてくる旋律と

ただ美しいだけじゃなく、なんとも言えない不安定さ、孤独な感じ、晩年のシューベルトの真骨頂を引き出したいです。

 

 

 

前半に置くには大きな作品なので

まだこのあとにブラームスひくの!?!?

とよく言われるけど(笑)

 

舞台の上でも成長できるような、なにかを求めながら弾くような

そんな時間になればいいなと思っています!