すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

今ゼメ終了!出会いと別れの季節

私にとって4回目の学期が終わりました!

 

最後の本番は、だーーーーーいすきなブラームスのホルントリオ!

 

2014年の夏に参加した草津の講習会で出会った曲で

現地で急〜〜〜に弾くことになり、3日で譜読み(しかもピアノはほぼ使えない!)(もちろん自分のソロのレッスン・練習・本番の合間!)せなあかん状況で、まーじで死にそうになりながら

なんんんんとかイアン・バウスフィールド氏のレッスンに間に合わせた

めっちゃくちゃ思い出の曲です。

 

f:id:Klavier888:20170703031225j:image

 

 

バウスフィールド氏がホルンパートをトロンボーンで吹いてる録音があって(なんとまあホルンの音がします!)

それを真似した受講生のトロンボーンニストと演奏しました!

 

メンバーとも、じゃ、自己紹介代わりに合わせてみますか、って感じのドタバタやったけど

メンバーの中で紅一点だったので先生にはとても可愛がってもらえて(笑)

楽しかったなぁ〜〜〜

 

 

そんな思い出の曲をもう一度ウィーンで、今度はゆっくりと(笑)勉強できて嬉しかったです!!!

私にとってとても大事なレパートリー(*'ω'*)

 

 

てか草津楽しかったなぁ………また行きたいなぁ……………

今の先生のレッスンをガンガン受けて

ウィーンにくるきっかけにもなったし。

 

 

 

そんな出会いの思い出と反対に

今のウィーンは学期末のタイミングに合わせて完全帰国する人もたくさん。

 

 

ホルントリオの次の日は

完全帰国する友達のお別れパーティーに日本人が全部で20人弱ぐらい集まった!

 

こんなにみんなが大集合することってめちゃめちゃレアなので

「この子とこの子はこういう風に喋るんや…!」ってのをいっぱい見れて

ドラえもんを見てたら、オバQのラーメンの小池さんがでてきた、みたいな感じで嬉しかった(*^o^*)

 

(我ながらめっちゃくそいい例えやと思ったんやけど伝わりますか…?笑)

 

 

肝心のお別れする友達は

地元が近いから、絶対また会うよな、今後もよろしくお願いしますっつって帰って来た(笑)

 

 

 

また、入試がひと段落したので

新入生もたくさんやってくる時期でもあります🎒

 

どんどん日本人が増えつつあるウィーン。。。

またいろんなキャラの濃い音楽家たちが増えるんやろうな( ̄▽ ̄;)

 

 

本ブログも

これまで、【注目記事】はだいたい直近に更新したものが表示されてたのに

最近はもっぱら過去に書いたビザ記事とか、語学学校の比較記事とかがランクインしてて

これからウィーンにやってくる皆さんの目に止まっているんやなぁってドキドキ💓皆さんヨロシクネ💓

 

 

 

私も次ゼメは卒試なので死ぬほど頑張らなければ!

 

 

の前に、休みにはいって早速ブラチスラヴァに日帰り旅行してきたので

次の記事でがっつりもりもり書きます\(^o^)/