読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すったもんだ日記帳@Wien

ウィーンでのmusikalischな日々

ウィーン国立歌劇場☆Wiener Staatsoper

ここ数日、ウィーンはとってもあったかくて

 

最高気温が 5 度 以 上 も ある!!!!!!!!!

 

土曜は11度とかあった!これはすごいことです!!!!

 

↓火曜日からの天気を見ていただければ

これがどれぐらいすごいことかおわかりいただけるかと(笑)

 

f:id:Klavier888:20161213020340p:image

 

こんなふうにちょっとあったかくなると

 

ダウンじゃなくてコート着るぞおおお

 

ヒートテック脱ぐぞおおおおおお

 

暖房切るぞおおおおおおおお

 

と、できる限り気温の高い喜びを味わいました(笑)

 

 

 

さて、今ワタクシは、ウィーン国立歌劇場(Staatsoper)の立ち見チケットの列に並びながらブログ書いてます。

 

Oper

f:id:Klavier888:20161213020946j:image

 

 毎日のようにオペラやバレエが上演されています!

f:id:Klavier888:20161213021149j:image

 

チケットのお値段は、公演によって多少前後はあれど

 

一番高い席は  273ユーロ!(3万円以上!)

一番安い席で  15ユーロとか。

でも安い席は、前の人の頭が邪魔だったり柱の陰で舞台が全然見えないこともザラだそう。。。

 

しかし!

立ち見チケットはいつも

 

なんと驚きの、、、、

 

4ユーロ!!!!!!!!

(Parterre=一階席の場合)

 

3ユーロの席もあります!!

(Balkon=二階席、またはGalerie=三階席の場合)

 

ウィーン国立歌劇場のオペラが、500円でお釣りがくるぐらいの値段で見れちゃうのです。

 

しかも、立ち見といえど、とってもよく見える。

Stehplatz と呼ばれる立ち見専用のスペースがちゃんとあって

「椅子がない」ということだけ我慢すれば

十分オペラを楽しむことができますよ!

そして椅子はありませんが、もたれかかれるバーはあります!

 

(まぁそれでも3時間ほどある作品の間立ちっぱなしは正直つらいですけど…:(;゙゚'ω゚'):   )

 

 

 

立ち見チケットは、当日券のみの取り扱いで

開演の80分前にKassa(レジカウンター)がオープンします。

 

が、立ち見の中でも前の!真ん中の!いい席で見たい!という人たちは

開演のだいたい3時間前からは並んでいます。

 

ちなみに今日の公演は、19:30開演だったんですが

私が17:00に来た時点でもザッと30〜40人ぐらいの人が並んでいました。

 

f:id:Klavier888:20161213022740j:image

 

↑これプラス写っていない一部屋分の人!

 

この部屋が人でいっぱいになると、さむーい外で待つことになるらしいので

私が立ち見に並ぶ時は、覚悟を決めて数時間前に来ます。

その方が室内で床に座れるし、勉強したり音楽聴いたりできる♫

f:id:Klavier888:20161213023302j:image

 

↑隣のお姉さんは、待ち疲れて寝てた(笑)

 

 

変にギリギリに来ちゃうと、外で待った上に、人気公演だと売り切れたり

立ち見の中でも後ろの席や端の席、バーのないところしか空いてなかったり、サイドにしかない二階席や、三階席の端の方などになってしまい、舞台が一部分しか見えなかったりするので…。

 

 

時間になると列が動き始めて

 

f:id:Klavier888:20161213031023j:image

 

この窓口でチケットを購入!

 

そのまま通路をすすみ

f:id:Klavier888:20161213031104j:image

f:id:Klavier888:20161213031110j:image

 

手前、もしくは奥の階段を数段上がると

 

f:id:Klavier888:20161213031212j:image

 

こんなふうにまた列。また待つ。

これはParterreの場合で、ニ階、三階席の場合はたくさーん階段を上ったところで待ちます。

 

扉が開いて、チケットを見せると、ようやく立ち見席へ入場!

順番に前から詰めていく形なのですが

 

f:id:Klavier888:20161213031435j:image

 

この日の私は、前から二列目の真ん中でした(//∇//)やった〜〜〜〜♡

 

立ち見客が全員はいり、場所が定まったら

マフラーや紐などでマーキングします。これが、場所とってますの印。

 

f:id:Klavier888:20161213031640j:image

 

マーキングが終わればあとは上演まで自由時間!

このときで、だいたい開演の50分前とかなので

座るチケットを持っているお客さんはまだ少ないので、写真を撮るならこの時がオススメです。

コートや大きな荷物をガードローベに預けにいくのもお忘れなく。

 

ちなみにここのガードローベは無料です。

楽友協会ホールは預ける荷物1つにつき0.85ユーロだから、無料は優しい…!

 

f:id:Klavier888:20161213031755j:image

f:id:Klavier888:20161213031958j:image

f:id:Klavier888:20161213032011j:image

 

 前の方や奥の方の立ち見席だと、たくさんの人をかき分けて自分の席へ行くのが大変なので

開演20分前ぐらいには席へ戻るのがいいかと思います。

バーとバーの間の通路にも立ち見客が並ぶと、本当に通れなくなるので

マーキングした自分の場所の安全のためにも(たまに悪い人や、ルールを知らない観光客に場所とられます😰)早めに戻りましょう!

 

開演直前🌟

f:id:Klavier888:20161213032502j:image

4ユーロでこの景色なら、十分じゃないですか?(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

ちなみに今日の公演は

ズービンメータ指揮の、ヴェルディ作曲のオペラ ファルスタッフ

ライブ中継されるらしく、カメラも入ってる人気公演です。

あらすじもネットで予習したし、楽しみ!

 

並んでる間に書き始めたこの文も

ちょうど開演時間に間に合って書き終わった(笑)

 

ではでは、楽しんできます(^^)